ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

プレゼントってうれしい、楽しい、幸せ

emojiありがとうの森 No.1047
おはようございます。
先日、届いたプレゼンんトを紹介させてください。
一枚目はメルマガ1500回のお祝いにと、さっちゃん(長谷川さつきさん)から届いた「ニャンキューありがとう曼荼羅」、ありがとうもいっぱいです(^O^)/
マンダラの真ん中にわたしのキャラクターニャンキューをデザインして書いてくれたんです。
さっちゃんは昨年から曼荼羅を書き始めて、今年になって個展も開催。...
そのエネルギーには驚かされます。
さっちゃんは、「ありがとう」大好きでつながる心友。
さっちゃんが、曼荼羅1000枚書いたころにはどうなっているんだろう(^.^)

  

二枚目は、ともちゃん(金本智代さん)からの誕生祝の絵手紙、
ともちゃんの絵手紙、大好き!
ともちゃんは毎日facebookに絵手紙をエッセイとともにアップしてくれて今日で292日目。
そのエッセイのセンスも抜群で自然と心を笑顔にさせてくれます。
ともちゃんには、将来ぜひ、書籍を出してもらいたいと願っています。

  

お二人の人を笑顔にさせたいというその想いと優しさに心から感謝しています。
ありがとう(^O^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついに、わたしも筆文字セミナーを5月10日
福岡県田川市で初開催することになりましたが、
その筆文字セミナーの流れを作った大元はしもやんです

今や、しもやんの流れで
タニー、ひろぴー、たまちゃん とたくさんの人が筆文字講座をしています。

そんな、元祖変態「しもやん」とは・・・

宇宙のしもやんシリーズ第4弾です(^.^)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【誰かの為にできることを 見出せたら 自分がめっちゃ好きになる 】
しもやん(㈱しもやんランド代表下川浩二)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

僕は、「筆文字講座」というものを5、6年やっています。僕は書道の経験はありません。我流です。そんな僕がやっている筆文字講座というのはどういう講座かと言うと、まず、筆ペンの使い方に特徴がありまして、筆ペンの先をはさみで丸く切るんです。これを「しもやんカット筆ペン」と言います。そしてドボッと墨に浸して書く。そうすると誰でも達人のような字が書けるんですよ。

この講座を1日受けてくださった人がどんどん進化していき、今までは居酒屋のメニューを筆文字で頼まれたり、看板を頼まれたりする人も出てきました。

大事なことは、「おもしろそうやなぁ」と思って始めてみることなんです。好奇心です。興味のあることがきっかけになって未来が変わるっていくんです。

そしてそれを好きになっていったらいいんです。好きなことだったら、少々つらいとかしんどいなぁと思うときがあっても平気ですよね。少年少女時代の感覚です。それが新しい自分をつくる一つのスイッチになると思うんです。

  
この筆文字講座で「しもやんカット筆ペン」を1000本も2000本も作っていたら、遂に筆ペンメーカーの老舗企業の「呉竹」がぼくのところに電話を掛けてきまして、「我が社でしもやんカット筆ペンを製造させてください」と言われました。ありえないでしょ。それで1年かけて技術供与したんです。ただハサミで丸く切るだけなんですけどね(笑)。これ、もう販売されています。この筆ペンを使って書くと誰でも達筆な字が書けるんです。

そして書けるようになったらハガキにいい言葉を筆文字で書いて、友だちや大切な人に送って励ましてあげてほしいんです。そうやって元気を発信する側になったら必ずブーメランみたいに、何かが返ってくるんですよ。

いいものを出すといいものが入ってくるんです。これが「出入口の法則」です。元気が欲しかったらまず元気を出す。自分が幸せになりたかったらまず誰かを幸せにする。自分が笑いたかったら人を笑わす。お金が欲しかったら自分から先にお金を出す。そしたら必ず返ってくるんですね。 エレベーターも電車も出る人が先でしょ。でも、お金に関してはみんなまず「欲しい」と考えてしまいがちなんですね。じゃなくて、自分は人の為に何が出来るんやろうか。地域のために何ができるんやろうか。この国のために何ができるんやろうか。自分みたいなちっぽけな人間でも必ずできることがある。それを見つけたときに、人のために生きることができるんです。


そういうことを見い出せたら、自分のことがめっちゃ好きになるんです。「自分、イケてるやん」みたいな。「もっとやってみよう」みたいな気持ちになるんです。人の為に何かできる自分に成長したら、人も喜んでくれるし、感謝してくれるし、「ありがとう」と言ってくれる。
 
僕は自分で作った『元気になる冊子』を出会った人に無料で差し上げています。そしたらそれを読んだ人から感謝の言葉が返ってくるんですよね。そしたら僕も嬉しくなって元気になるんですよ。人から喜ばれた。自分は人の役に立ったんや。そういう自分を見つけると、初めて生きがいというものを感じるんです。
  
  
(みやざき中央新聞 福岡県筑後市で開催された講演会より)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

誰かを笑顔にすること、ワクワクでやりたいねemojiemojiemoji

拍手[10回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
7
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /