ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

カテゴリー「あいだみつを」の記事一覧

相田みつを美術館 7.7

emojiありがとうの森ブログ No.1,104

東京出張は東京国際フォーラムでの会議。
となれば、相田みつを美術館に行かない手はない。
しかし、許された時間はお昼休憩のみ・・・

短い時間でしたが、
相田みつおさんの作品を見ながら相田みつをさんと対話。
それは、自分との対話です。
企画展「いのちの根」を開催中です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前メルマガに書いた相田みつをさんのお話をひとつ


『担板漢(たんばんかん)』
             相田みつを 


【頭が固くて反対側が見えない】 

人間、年を取るに従って身体が固くなる。足腰が固くなって困る。
しかし、もっと困るのは頭が固くなることだ。こころが固くなることだ。 

柔軟体操なんていってね、人間は自分の身体の固くなるには気が付くから一生けんめい予防につとめる。
しかしね、頭が固くなること、こころの固くなることには案外気がつかない。
 
こころが固い、というのは、どういうことかというと、自分の立場、自分の都合しかわからぬことだ。

つまり、相手の立場や反対の立場が全くわからぬことだ。
自分の立場や自分の主張だけが絶対で、その他のものはみんな悪い、なんてね、そういう人いっぱいいるでしょう。
頭の固いのを頑固、頑迷、石頭、という。
 
 中国のことばに、「担板漢」というのがある。
「板をかついだ男」という意味だ。
大きな板を片方の肩にかつぐと反対側が見えなくなる。
片側しか見えない。
つまり、物の両面が見えなくなる。
物の両面が見えないから物事の正しい判断ができなくなる。
そういう人間のことを「担板漢」という。
 
どうです、皆さん、担板漢には年寄りだけがなりますか?
「漢」という字は、「男」て、ことですが、担板漢は何も男や年寄りに限ったことではない。
女にだっていっぱいある。 

 「自分の子さえよければ・・・」 

 「我が子さえ幸せであれば・・・」
 
 「うちの子さえいい学校にゆけば・・・」
 
みんな担板漢でしょう。

自分の子さえよければひと(他人)のこはどうだっていい-、そういう人、いっぱいいるんじゃないかな、教育ママなんていっちゃってね、(笑)
 
それからね、若い人の中にだって担板漢がいるんだな。
何がなんでも一流大学にゆかなければ、とかね、
一流会社に入らなければダメだとかね、
一流とかいうものに固執してしまう。

或いは又、主義やイデオロギーなんてものにもすぐ固執する。
鉄帽かぶったり、ハチ巻なんかして、「我々ハ、!!我々ハ、!!」
と叫んでいる者達、あの若者達には、若者達なりの立場や考えがあってやっているんでしょうから、
表面の現象だけ見てね、一概に否定も肯定もできないけれどね、
自分達の主義や主張だけが絶対に正しい、
という、「主義」に固着して身動きできないかぎり、やっぱり担板漢だな。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●心も頭もやわらかくやわらかくしておくといろんなことが見えてきますね。

◎あなたは絶対に正しいと思っていたことが、くつがえされた経験はありませんか?

絶対!はひょっとしたらないのかもしれない・・・

そう思うことで、新たな道が見えてくるようです。

心は楽に~♪ありがとう

◎かついだ板は下ろしたら楽になりますよ(^.^)
実践しましょう♪



「ありがとうの森」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/ 

拍手[8回]

アノネ 相田みつえお

アノネ

親は子供をみているつもりだけれど
子供はその親をみているんだな

親よりもきれいなよごれない眼でね
(みつを)



昨日の「かみさまとのやくそく」のブログから
相田みつをさんの言葉をひとつ紹介しました。

子供って、お母さんのお腹にいる時から、
お母さんのこと見ているようです(^.^)
そう感じました。

そして相田みつをさんのこの「アノネ」

お母さんが子供にやさしく話しかける時、
子供がお母さんにやさしく話しかける時、

そんな、口調になりますよね。

昨日の作品は、 「あのね」ではじめて書いてみました。


「あのね・・・・」

あなたも、やさしく誰かにそう語りかけてみてください。


今日も、感謝の一日、生かされて生きている。
ありがとうございます。


 
  
「ありがとうの森」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/

メッセージありがとう!

「あのね、ありがとうは自分にも言うんだよ」 ありがとうの森さんの言葉に、ちゃんと自分に「祥子にゃん、ありがとう」って、手鏡を見て言いました。 なぜだか、なみだがでてきて、ありがとうって言ってもらった自分が心から喜んで、嬉しく思っているのがわかりました。 ありがとうの森さん、今日も大事なことを教えてくださってありごとうございます(*˘︶˘*).。.:*♡ 

拍手[9回]

日々感謝 + 相田みつを「受け身」

日々 感謝
ありがとう
(ありがとうの森)

何事も起きない普通の日々...
あ~幸せだな~

この日々に感謝
ありがとう、ありがとう、ありがとう

写真: 日々  感謝
ありがとう
(ありがとうの森)

何事も起きない普通の日々
あ~幸せだな~

この日々に感謝
ありがとう、ありがとう、ありがとう

連休の一日、今日は一日作業。足がつる。
長時間のスポーツや作業をすると最近、必ず足がこむら返りになります。
運動不足なのでしょうか・・・(~_~;)
・・・・・・・・・・

今日のメルマガをシェアーします。
 
  ありがとうの森No.1,286

心がつまずいたらここに帰っておいでよ

メールマガジン「ありがとうの森」

 

この詩を初めて読んだ時、

 

「勝つ」

 

ことしか考えていなかった自分に、学びが生まれました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

「受け身」 相田みつを

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

柔道の基本は受身

受身とは投げ飛ばされる練習

人の前で叩きつけられる練習

人の前でころぶ練習

人の前で負ける練習です。

 

つまり、人の前で失敗をしたり 恥をさらす練習です。

 

自分のカッコの悪さを多くの人の前で

ぶざまにさらけ出す練習

それが受身です。

 

柔道の基本では

カッコよく勝つことを教えない

素直にころぶことを教える 

いさぎよく負けることを教える

 

長い人生には

カッコよく勝つことよりも

ぶざまに負けたり

だらしなく恥をさらすことのほうが はるかに多いからです

 

だから柔道では 始めに負け方を教える

しかも、本腰を入れて 負けることを教える

 

その代り

ころんでもすぐ起き上がる 負けてもすぐ立ち直る

それが受身の極意

極意が身につけば達人だ

 

若者よ 失敗を気にするな

負けるときにはさらりと負けるがいい

口惜しいときには「こんちくしょう!!」

と、正直に叫ぶがいい 弁解なんか一切するな

泣きたいときには 思いきり泣くがいい

やせ我慢などすることはない

 

その代り

スカッーと泣いて ケロリと止めるんだ

早くから勝つことを覚えるな

負けることをうんと学べ 恥をさらすことにうまくなれ

そして下積みや下働きの 苦しみをたっぷり体験することだ

体験したものは身につく

身についたものー それはほんものだ

 

若者よ

頭と体のやわらかいうちに 受身をうんと習っておけ

受身さえ身につけておけば

何回失敗しても

すぐ立ち直ることができるから・・・・・・

 

そして

負け方や受身の ほんとうに身についた人間が

世の中の悲しみや苦しみに耐えて

ひと(他人)の胸の痛みを 心の底から理解できる

やさしい暖かい人間になれるんです。

 

そういう悲しみに耐えた 暖かいこころの人間のことを

観音さま、仏さま、と 呼ぶんです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

相田みつをさんの言葉、実に奥が深いですね。

 

相田みつをさんの

悔しい思いや、なさけない思いや、悲しい体験が、

こんな詩を生んだのです。

 

人間、生きていれば

 

「負ける」を体験する時もあります。

 

それは、あなたが本来の暖かい人になるため、意味あるものなんですね。

 

そんなことを、たくさん体験した人ほど、

観音さま、仏さまと呼ばれる人になるのではないでしょうか。

 

「負ける」ことも価値あることなんです。

 

 

今日もありがとうございます♪


 

 

emoji

メルマガ「ありがとうの森」登録はこちら↓

http://merumo.ne.jp/00585507.html



 

 

  emojiありがとうの森先頭ページへ↓
http://arigatounomori.iinaa.net/ emoji
 

 

拍手[9回]

相田 みつを つまづいたり ころんだりしたおかげ

写真: つまづいたり 
ころんだりしたおかげで

物事を深く
考えるようになりました

 あやまちや失敗を
繰り返したおかげで

少しずつだが
人のやることを
暖かい眼で
見られるようになりました

何回も
追いつめられたおかげで

人間としての
自分の弱さと
 だらしなさを
 いやというほど知りました

 だまされたり 
 裏切られたりしたおかげで

馬鹿正直で
親切な人間の暖かさも
知りました

 そして・・

身近な人の死に
逢うたびに

人のいのちの
 はかなさと

 いま 
ここに生きていることの尊さを

骨身にしみて
味わいました

相田みつを

つまづいたり 
ころんだりしたおかげで

物事を深く
考えるようになりました

あやまちや失敗を
繰り返したおかげで

少しずつだが
人のやることを
暖かい眼で
見られるようになりました

何回も
追いつめられたおかげで

人間としての
自分の弱さと
だらしなさを
いやというほど知りました

だまされたり 
裏切られたりしたおかげで

馬鹿正直で
親切な人間の暖かさも
知りました

そして・・

身近な人の死に
逢うたびに

人のいのちの
はかなさと

いま 
ここに生きていることの尊さを

骨身にしみて
味わいました

「相田みつを」




わたしは相田みつをさんの字が大好きです。
自分も、筆で文字を書きますが、書く時は自分の心との葛藤があります。

どうしても、字を書く時に、「うまく書きたいという」気持ちが入ります。
でも、「うまく書くんじゃなくて、心に響く文字を描こう」
作品を描く時にはそういう気持ちで筆を持っています。
あなたの心に届くような文字の領域と言うのは限りがありません。
「無限」の中でその一瞬、一瞬に魂を込めて描いていきたい。

二度と書けない文字を今日も描いていきます。
相田みつをさんの文字を師匠に、「ありがとう」の心で



「ありがとうの森emoji」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/ 


メッセージありがとう

ありがとうの森さんの筆文字はもとても素敵です!
味わい深くて、何度見ても癒される(*^^*)
文字ってその人の心や気持ちがでるのかなあ~♪  
(あんりさん)

あんりさん、ありがとうございます。
あいだみつをさんは、写真のように膨大な数を書いて
あの文字にたどりついたんです。
わたしなど、足元におよびませんが、
わたしなりのホッとするような文字をさらに描いていきます。
応援していただくとうれしいです。
感謝、喜びのハーモニー♪
(ありがとうの森)

拍手[8回]

相田みつを 人間のわたし

 

相田みつをさんの作品には、最後に「人間のわたし」
書いてある作品が数点ある。

欲望かぎりなし
迷いかぎりなし
人間のわたし


仏道を習っておられた相田みつをさん
しかし、学べば学ぶほど、自分の欲という壁に出逢われたのだろう。
迷いかぎりなしという言葉も、自分、他人を見る中で出てきたのだろう。

そして最後に「人間のわたし」とむすんである。

けっして、“こうしろ”とか“ああしろ”とか書かずに
「人間のわたし」と書いているところに、共感が生まれて
こうして、何年経った後も、たくさんの人から愛されているんだろうな。

わたしも、作品のたった一言をどうむすぶか
欲を手放して書いていきたいものだな。
執着を手放して書いていきたいものだな。
あ~、“人間のわたし”(笑)
 
それでは 短く、相田みつをさんから学んだ一言



今日がいちばんいい日だよ

今日も、ありがとうの風が吹きます。

拍手[14回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
4
18 20
27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /