ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

ニャンキューおひな様バージョンemoji

ありがとう森ブログNo.1,766


ニャンキューおひな様バージョンemoji

 可愛く書けた!!
いかがでしょう(^o^)/

あなたがそばにいてくれる幸せ
ありがとう


我が家も次男のところに
お雛様やってきました。


ところで素朴な疑問?

雛人形を飾る期間は、いつ頃から始め、
いつ頃収納するものでしょうか。というと?

ネットにはこんな答えがベストアンサーで出ていました。




あなたの地域の周りのお宅をみて、3月3日が雛祭りだったら立春(2018年の立春は2月4日)以降に飾ってください。

もともとは季節の変わり目の邪気を祓うため、生命力旺盛な桃の花びらを入れたお酒を飲んだのが桃の節句(上巳の節句)の始まりと言われていますから、暦の上での春になってからが一応の解禁です。

でも、初節句の場合は松ノ内が明けた1月8日以降から披露を兼ねて長めに飾るという考え方もあります。

初節句にしろ、通常の雛祭りにしろ、二週間は飾ってあげたいところです

お住まいの地域が雛祭りを月遅れで行う土地でしたら、4月3日が雛祭りですので、遅くても春休みが始まる頃には出します。
こちらの土地も初節句にはやや長めに飾りますので、三ヶ月またぎで二月から出ている家庭があります。

片付けるのはお節句が済んだあと、晴天続きのよく乾燥した日を待って片付けます。正午を挟んで数時間陰干しをし、丁寧にお掃除をして、乾いた空気と共に箱にお休みさせてあげるのが理想です。

3月3日が済んだらもう次の日には大至急しまわないと縁遠くなるなんていう迷信がまことしやかに全国に広がったのは、実は雛人形の長い歴史からみれば最近の、昭和に入ってからだそうですよ

桃の花の生命力をいただくのが元来の桃の節句。
梅や桃に桜、雪柳にレンギョウ…外の木々がエネルギッシュに一斉に花をつけ始める春の時期までは、許容範囲の飾る期間ではないでしょうか。
花が落ち、若葉の季節になったら完全に季節外れです。


拍手[2回]

山陽小野田市 筆文字講座開催決定!

ありがとう森ブログNo.1,765


https://www.facebook.com/events/557241801300065/
4月15日(日)山口県山陽小野田市で

ありがとうの森筆文字講座開催決定!


今回、村上みつるちゃんが●●歳からのチャレンジで
メリさん(河村孝子さん)とタッグを組んで
筆文字セミナーを主催してくれることになりました(^^)/

楽しく、自由に、おもしろく、
大人から子供まで筆文字、絵もお地蔵さんとか
簡単に描けるようになって
仕事に、趣味に、いろいろ筆文字が
あなたの生活を楽しく彩ります。
 
さあ、素敵でうたし(うれしい、楽しい、幸せ)仲間が
集まってしあわせ一万尺を歌って笑顔と感謝と
幸せ100%の連鎖をお持ち帰りしちゃいましょう~(^^)/

写真は2015年6月27日山陽小野田市のお隣
メリさん主催宇部市での筆文字セミナーの写真、
イベントページに使わせてもらいました。

懐かしい!

 


そして、今週日曜日はゆかりん主催
京都筆文字セミナー
京都に集まる筆文字仲間に
ありがとうビーム浴びせ掛けますo(^▽^)o

京都筆文字イベントページ↓
https://www.facebook.com/events/1678632388847205/

前日は京都ぶらり旅

京都の風情を今回も楽しんできます!(^^)!

拍手[5回]

都志見病院地域がん公開講座講演

 
ありがとう森ブログNo.1,764


今日は、萩 都志見病院http://www.tsushimi.jp/

地域がん公開講座での講演させていただきました。



講演タイトル「ガンにありがとう」

早めに会場、千春楽 味楽亭に着くことができて
会場内に案内していただくと、すごく素敵な会場の雰囲気
想像以上の立派な会場で講演をさせていただくことに感謝。

 


都志見病院の職員の方がいろいろとお世話をしてくださり
会場前にはポストカードや日めくりカレンダーも
並べていただき販売もさせていただきました。



講演は最初に山本副医院長の「がん診療の現状と展望」
さすが、専門的なお話です。

そして、市内でサロンを開いておられる
岡野芳子さんが「がんと向き合い今を生きる」
と題しての講演、岡野さんもにしぽんと同じ胃ガン友。
胃の全摘から9年が経過、二度の手術から術後
サロンでがん患者さんの交流の場を作っておられます。
元気な姿はガン患者の見本でした。



そして、その後に自分の講演です!


まじめぶってもおもしろくないので
ヘンな人の話ですが、と前置きして始めました。
人生はゆるく楽しく面白くと

いきなり、桃太郎さんの「ありがとう」替え歌
HAPPY BIRTHDAYの「ありがとう」替え歌

もうありがとう三昧で
ガン経験から感謝ができるようになったこと
ガンに対しての考え方、とらえ方
そして、ガンを経験してから自分がやってきたこと
がん患者さまへのアドバイスなど
いろいろな話の後は
「しあわせ一万尺」を会場の方と歌い
最後はお約束の
ありがとう」の大合唱で締めくくりました。

さあ、講演の中で「ありがとう」って何回言っただろう(^^)
講演を聞かれた人も耳にありがとうタコができたかも(^○^)

講演後は会場外に出ると、
ありがとうの森ポストカード等をお求めいただく
人だかりができていました。
これがいい、これもいいとたくさんお求めいただき感謝。

講演を聴かれた感想も聞かせていただいたりする中で
一人の女性が
「講演すごくよかったです。涙が出ました。
 わたしは全身ガンなんですが、
 元気をいただきました。

 ありがとうございます」とおっしゃってくださって

自分の心にもぱ~っと喜び、感謝があふれました。

会場でお世話をしていただいた都志見病院のスタッフの方も
全員、笑顔の素敵な親切な人ばかりで有り難かった。

この講演のきっかけをくださった萩のMさんに心から感謝します。



今日は本当にいい天気、本当に天気に応援されます。

講演後に「松陰神社」に行き吉田松陰さんに
ありがとうを伝えました。



吉田松陰さんの日本をいい国にしたいという「志」
わたしも「ありがとう」を日本に広げたいという「志」
新たにします。

また、こういう「ガン」を題材とした講演で
お役に立てる機会があればぜひチャレンジします。

今日という日に感謝、ありがとう、幸せの連鎖

ガンは治せる病気です。

拍手[7回]

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
2
18 21 22 23 24
25 26 27 28

フリーエリア

最新コメント

[10/24 小舟吉之]
[10/20 押田美紀]
[09/12 さっちゃん]
[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /