ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

カテゴリー「ありがとう」の記事一覧

ありがとうを言うために生まれてきた

ありがとうの森ブログ No.1,573




もしかしたら、わたしたちは「ありがとう」を
言うために生まれてきたの
かもしれない。

そう思って今日もありがとう、ありがとう、ありがとう。

ありがとうをたくさん言うと

ありがとうと言わざる負えない現象が
目の前に現れてきます。


ありがとうの数がある一定の数を超えた時に
ぱ~っと想像以上のものが見えてきます。

まずは、心に思っていなくてもいいから

2万5千回のありがとうを
ただ、ただつぶやいてみてください。

歩きながら、トイレで、お風呂で
料理をしながら、
朝起きて、眠りにつく時、
宇宙に向かって言えばいいんです。


こうした行動は1円もお金がかかりません。

ただ、誰も最初ほめてはくれませんが、
そんなことをやっているあなたが
あなた自身をなんとなく、
「お前もけっこうかわいいやつだね~(^O^)」
そんな感情につつまれてきます。

そうして、今まで言っていた
グチ、悪口、文句、不平・不満、泣き言を
言うのをやめたら、
さらにありがとうの奇跡がおきる時間が早くなります。


そうやっているうちに、「ありがとう」は
「心からありがとう」と言える自分ができてきます。

「ありがとう」
言葉の力をこうして読んでいただくあなたに
体感していただけたら幸せます。



さあ、ありがとうの森行きのハッピー虹色バスに乗って
ありがとうを楽しもう~♪(^O^)/

にしぽん村長emojiemoji



京都筆文字セミナー皆さんのありがとうをどうぞ~
 

今日のメルマガでは
正観さんの宇宙法則を紹介しています。
実践すればどんどんといいことがやってきます。

登録はこちらからできます

「まぐまぐ」ありがとうの森メルマガ登録

http://www.mag2.com/m/0001674942.html


 

 

拍手[4回]

神護寺で精進料理 母の日


ありがとうの森ブログ No.1,567



昨日は、母の日より一日早く
自分を産んでくれた母を連れ出し食事をしてきました。

平生町の神護寺へ精進料理を予約して、
むかったものの、山の頂上にある
神護寺に着いたのは色々あって13時半。

母は、腰が曲がり坂道を歩くのもやっと。
妻と両脇を抱えてやっとたどり着きました。

母は、味つけの濃い料理が苦手で
そういう料理には、まったく箸がすすみません。

いただいた精進料理は、品数が盛りだくさん


薄味の精進料理に「美味しい、美味しいね〜」と
食べてくれた母の姿に喜びがあふれました。

遠出自体が、なかなか出来にくくなった母。
あと、何度こうした時間を過ごせるのだろうかと思うと、
貴重な貴重な一日だったな〜

母さん、
あなたがいると思うだけで、心が強くなれる

ありがとう

ありがとう

ありがとう


 


メルマガの一部をシェア

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆生きているということは、
   誰かに借りをつくること ◆

藤尾秀昭

『生きる力になる言葉』致知出版社

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


小さなスパンでは、不順もありますが、季節は確実にめぐっています。

「四時(しじ)の序(じょ)、功(こう)を成したるものは去る」

という言葉が『十八史略(じゅうはちしりゃく)』にあります。

四時というのは、春・夏・秋・冬のことです。

春は春の役割をしっかりと果たして夏にゆずっていく。

夏も、秋も、冬も同じです。

それぞれの役割を精一杯果たして、次の季節に移っていくわけです。

何千年、何万年と続く宇宙の摂理から、人間も逃れられません。

役割を果たした人は常に、次の人にバトンタッチして、冥界(めいかい)に移っていきます。

言い換えれば、いま、ここに生きている私たちは自分の役割を果たさなければならない、ということです。

どんな偉大な指導者も、哲人も一人で人格を形成した人はいません。

人は皆凡夫なり、と聖徳太子はいったそうですが、

人は皆、縁の中でしか生きられない、その意味では人は皆一様に凡夫です。

一篇の詩が思い出されます。

どなたかの作かは知りませんが、時折、思い起こしては自らを省みています。

生きているということは、誰かに借りをつくること

生きているということは、その借りを返していくこと

誰かに借りたら、誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように、誰かにそうしてあげよう

誰かと手をつなぐことは、その温もりを忘れないでいること

巡り合い、愛し合い、やがて別れのその時、悔いのないように今日を明日を生きよう


人は一人では生きてゆけないから

誰でも一人では歩いてゆけないから



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな人であろうと、誰であろうと、人は赤ちゃんのとき、

母親に世話をしてもらったから大きくなることができた。

「おむつをかえてもらった」

「お乳をもらった」

「着替えさせてもらった」

「抱っこしてもらった」

「熱のあるとき必死になって看病してくれた」…。

同様に、幼稚園、小学校、中学、高校と、まったく親の世話にならずに、

学校生活をおくれた者もひとりもいない。

仕事も家庭も同じで、誰かのご縁とお世話があったから、今がある。

死ぬときも同じ。

死んだあとは、必ず誰かのお世話になる。

人の世話になって生まれて育ち、人の世話になって死ぬ。

だからこそ、生きている間は、そのご恩返しをしておきたい。

「生きているということは、誰かに借りをつくること」

借りを返すとは、人様に喜んでいただくこと、お役に立つこと。

お借りしたご恩を、少しずつでも返してゆきたい。

 

「人の心に灯をともす」より



( ^-^)/,。・・:,。★\(^-^ )♪ありがとう

♪3秒で幸せ♪

今日の日にひとつ恩を返して

ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

拍手[4回]

母の日シリーズ

ありがとうの森ブログ No.1,564


お母さん、いつもありがとう

今週は、母の日シリーズ(^^)


母が与えてくれた愛は、
当たり前じゃない


いくら言っても足りないありがとうを伝えたい

ありがとうありがとうありがとう


あなたも、お母さんから
数えきれないありがとうをもらって
今があるんだなぁ



そんなことを言っている自分も
中学生の頃、泉谷しげるさんの歌で

「頼んで産んでもらったわけじゃない」と
ギターをかきならし、家の中で歌った覚えがあります・・・

あ~、親不孝ですね。

あの時、あの歌声、
お袋さんの耳に聞こえていなければいいな~

今はそう思います。

でも今は、この母でよかった。
この母のおかげで今があると思えるようになりました。

この
「おかげ」と思うのと
「せいで」と思うのとはえらい違いです。

自分のためにも、親のためにも
「おかげ」と、とらえたいものです。

感謝をすればするほど、また感謝したくなりますね。

「かーねーしょん」の画像検索結果「かーねーしょん」の画像検索結果

拍手[3回]

もうすぐ母の日 

ありがとうの森ブログ No.1,562

 

ささえてくれて
みまもってくれて
ありがとう

もうすぐ母の日

あと何回、母の日にありがとうを
直接伝えられるだろう。

今年はあそこに行こうかと話しても
もう出かけるよりも家にいたほうがいい。
出掛けること自体がだんだんと
できなくなってきた母。

今年が最後になるかもしれない。

そんな気持ちで伝えたいな
ありがとう


拍手[3回]

退職祝いでありがとう


ありがとうの森ブログ No.1,539


幸せはありがとう
感謝の心からはじまる

昨日は、兄嫁が40年働いた保育士の
仕事を3月で定年退職したので
その労をねぎらうお祝いとして
6人でふぐ三昧の食事をしてきた。

 

美味しさを大満喫emoji
もちろん「美味しかったよ ありがとう」emoji
置いて帰りましたよ(^^♪

その後、次男夫婦の家を案内。
そこで、次男夫婦からうれしい命の報告emoji

帰りに桜のトンネルをくぐってきました
春満開!桜を満喫しようとする車、人がいっぱいだったね。



兄の家に行くと、兄嫁の退職祝いお花のオンパレード
自分達はコチョウランをプレゼントしたのですが
いろ~んな花がここでも喜んでいました。

そこで見せてもらった園児からの「名前うた」
自分も名前うたを書いてプレゼントしたのですが、
園児の名前うたには感動しました。



親御さんがデザインされたのでしょうが、
園児が書いた文字を切り取ってうまいバランス
文字が浮き上がったようにして配置されて超ステキ!

そして、
職員さんからの、愛のこもったメッセージや
様々な写真を見せてもらい
今まで、兄嫁が投げかけてきた
仕事ぶり、「ありがとうの数」が
たくさん、たくさんたくさん見えました。

 一つのことをずっと続けてきたその道
簡単な道ではありません。

いろんなことがあった。

うれしいことも、大変なことも
でも、それを乗り越えた先にあったのが感動。

まずは、お疲れ様、お疲れ様、
ゆっくりして、また命の喜ぶ方へ
歩んでほしい、応援しています。

素敵な有難い一日にぶちありがとう

今日もいい一日になります(^O^)/


追伸
食事したお部屋に飾ってあった徳川家康公の言葉の写真です。


徳川家康人生訓

人の一生は
重荷を負うて、遠き道を行くがごとし
急ぐべからず

不自由を、常と思えば不足なし
心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし

堪忍は、無事のいしずえ
怒りは、敵と思え

勝つことばかりを知って、負くることを知らざれば、
害、其の身に到る

己を責めて、人を責めるな
及ばざるは、過ぎたるに優れり

慶長八年正月十五日

拍手[4回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
4
18 20
27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /