ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

カテゴリー「メルマガ」の記事一覧

メルマガ毎日発行6年達成記念の日

ありがとうの森ブログ No.1,517

今日という日は
かけがえのないプレゼント

2017年3月8日 水曜日
今日は、ありがとうの森メルマガ発行記念の回数になりました!
今日ありがとうの森No.2,190を発行
2,190回÷365日すると=


なんと、今日で6年間メルマガを休まず
書き続けたってことなんです。

6年も続けておまえよくやってるよな~
アホじゃないの!って自分をほめてあげたい(^O^)

この毎日、毎日が
どれだけの感謝に満ちた日々を過ごせているか

毎日がプレゼントの日々。

プレゼントは日本語で言うと「現在」
今が幸せの日々であり、感謝にあふれた一日なんですね

FB友達から友達から、こんなメッセージが早速!

6年間凄いです*\(^o^)/*
小学校6年間無遅刻無欠席、 日曜日や夏休みなども休まずですよね〜
素晴らしいです☆彡これからも楽しみにしてます

うれしいな~、そんなメッセージ
んな、ありがとうの一日の始まりです(^O^)/
今日もささえてくれてありがとう。
すべては、ギフト、かけがえのないプレゼントの一日です。

http://www.mag2.com/m/0001674942.html
無料メルマガ ありがとうの森 こちら(^^♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のメルマガ

今日は、子育てネタです。


子育てはこれだけ知っていればいいんです。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆自分の感情をコントロールできない大人を、
  子どもは「大人とは認めない」◆
 小林正観
『ありがとうの神様』ダイヤモンド社より

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

母親のことが大好きな男の子は、勉強もするしお手伝いもしますが、
母親のことが嫌いだと、すべて「言われたことの反対」をやります。
「こんな母親に好かれたくない」と思っているからです。


好かれていない母親は、今日から正論を言うのをやめたほうがいい。
好かれていない母親が何を言っても、逆効果です。
まずは1年くらいかけて、「好かれる母親」になってから、ニッコリ笑って
「こうしてくれると、お母さんは嬉しい」と言うと、やってくれます。

子どもは、感情的な母親(大人)を嫌う傾向があります。
子どもは、自分の感情をコントロールできない大人を、「大人とは認めない」のです。


たとえば、子どもは、「バカ」とか「アホ」と言われると、
「そんなことない」と真っ赤になって怒ったり、抗弁したり、喧嘩をしたりします。
子どもは、感情を制御できません。


それなのに、お父さんから「バカ」と言われたお母さんが、言い返したり怒ったりせずに、
ニコニコ笑いながら受け止めていると(感情を制御していると)、子どもはお母さんのことを「大人」として認めます。

何があっても感情をコントロールできる母親を見て、尊敬するのです
(大人の語源は、音なし。何があっても大きな声を出さない人を、大人と呼ぶようになりました)。


そして、尊敬する母親から言われたことは、素直にやるようになります。
母親に好かれたいからです。


ところが、母親が自分の感情をコントロールできずに、ヒステリックに怒っているのを見ると、
子どもは「お母さんも、僕たち子どもと変わらないじゃないか」と残念に思い、親の言うことを聞かなくなります。

母親は、子どもに対して、「大人」であることを示したほうがいい。
何があってもイライラしないで、笑顔を保ち、感情をコントロールする。

そうすれば男の子は、母親を尊敬し、好きになります。


女の子は、母親をお手本として、母親のコピーとして育ちます。
害虫を見たら「キャー」と叫んでスリッパでバシッと叩く、という母親の姿を見た女の子は、
大人になると、母親と同じように、「キャー」と叫んでスリッパで害虫を叩きます。

母と娘のこの連鎖を「キャーの遺伝」と名付けましたが(笑)、
女の子は、母親の言葉よりも、行動を見て育ちます。
母親と同じ行動パターンを身に付けるのです。
母親が娘を見て嫌悪感を覚えるとしたら、子どもの中に、自分の嫌な面を見るからでしょう。


母親が、親子ゲンカの最中に、「あなたなんか生まれてこなければよかった」
「産むつもりじゃなかった」と言ったとします。
すると、その言葉を言われた娘は、自分が母親になったとき、同じセリフを使うようになります。


そして、代々、その言葉が受け継がれていくと、
「わが子を殺してしまうような母親」が出てしまう可能性があります。
ですから、代々受け継がれた「遺伝」をどこかで断ち切らなければなりません。

娘をいい子に育てようと思ったら、子どもに「ああしろ、こうしろ」と言う以上に、
自分の行動や態度を見直すことが先決だと思います。


・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・

♪3秒で幸せ♪

感情をコントロール

ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

男の子と、女の子では子育ての法則性がちがうのです。

とにかく、男の子は母親から「みとめて、ほめる」

これをするだけで、ヤル気になって、その気になってがんばります。

だから、正論を言うのではなく、とにかく「認める、ほめる」
男の子にはこれだけを徹底するといいんです。


女の子は、母親の背中を見せる。
自分のような人格の大人になっていく、なってしまうのです。

そんなこと、もっと早く知りたかった~

そういう人もいるでしょうね~


「。:.゜ヽ(*´∀)ノ゜.:。+゜」


あなたの今日が健康と幸せとありがとうであふれていますように

今日も、読んでいただいてありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・
読んで実践したあなたにいいことがいっぱい起きます。

幸せメガネをかけて幸せ一万尺、ありがとう一万尺を歌いながら
ありがとうの森行きのハッピー虹色バスに乗って
ワクワク、スキップスキップ楽しんで♪
笑顔と感謝と幸せの種まきに出発進幸~(^o^)/~♪

 
 
記念ついでに記念の映像をどうぞ!

懐かしい特集放送映像

https://www.youtube.com/watch?v=QHsjaZ3HBXo


長野筆文字セミナーオープニング映像(ひろちゃん製作)

 

拍手[6回]

メルマガ毎日発行6年だ

ありがとうの森ブログ No.1,516




すべてはギフト 
すべてはプレゼント 
ありがとう


おはようございます。
メールマガジンを毎日書き続けて今日で.2,189号を発行。

明日2,190号を発行予定。
先日、講演をするのにメルマガを書きはじめて
何年何ヶ月になるんだとうと計算してみたら
365日×6=2,190ということは
明日で、ちょうどメルマガ発行を続けて
ちょうど6年の節目を迎えることに気がついた。

お前も、バカみたいによくやっているな~と
自分をほめてやりたい気持ちになりました。

メルマガの発行は現在まぐまぐさんでお世話になっています。
無料メルマガです。

読んだら運がよくなる人が多いようです(^.^)

メルマガありがとうの森
http://www.mag2.com/m/0001674942.html



昨日のメルマガ

ありがとうの森ランドへようこそ
春がきた 3秒で幸せに
「ありがとうの森」2017年3月6日 月曜日

「不思議なご縁で紡がれる愉快な仲間7人展」最終日
作品の撤収に岡山に行ってきました。

やたちゃんがこの10日間、手書き筆文字ハガキを3000枚書いてプレゼント
スゴイ!本当にスゴイ!
やたちゃんは、本当にいい人です。
まあ、やたちゃんの顔つきをみればその人柄がもうにじみ出ています。
会場でありがとうの森ポストカードやキーホルダー、ストラップ、カレンダーを
バンバン販売してくれて、とんでもない売り上げをもたらしてくれました。
最終日、会場に来てもらった人に自分も笑顔の種まきができて
昨日も本当に最幸です♪

ありがとう。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆「この人は、こういう人だ」と丸ごと認めれば、
 すべての人間関係はうまくいく◆

 小林正観
『ありがとうの神様』ダイヤモンド社より

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人間関係をオールマイティーに解決する方法が、「2つ」あります。


【1】自分のまわりの人をすべて「人格者」に変えてしまうこと

「人格者」とは、どんなことに対しても、笑顔を絶やさず、温かさを持って接することができる人です。
ただし、この方法だと、ひとりの人格を変えるために、説得につぐ説得を重ねる必要があります。
自分のまわりの人をすべて説得しようとすると、時間がかかりすぎてしまうため、現実的ではありません。


【2】自分が「人格者」になってしまうこと

他人を変えるのは、大変なことです。
なかなか変わってくれませんし、仮に変わったとしても、「こちらの思うようには、変わってくれない」ものです。
ですが、「私」が変わることは簡単です。

変えるべき相手も「自分ひとり」ですから、自分が変わりたいように変わればいい。
イライラしたくない、腹を立てたくない、人と争いごとをしたくない、
人から何かを言われたときに気にするような自分ではありたくない、と思うのであれば、
「自分が希望する自分」をつくり上げればいいわけです。

自分を変えることでいちばん得をするのは「自分」です。
なぜなら、その人格でいることが自分にとって心地よいのですから。


損得勘定で考えてみても、もっともラクで、楽しく、簡単に人間関係の悩みを解決できる方法は、
「自分を変えること」=「自分が人格者になること」です。

自分のまわりにいる人を、「自分の思いどおりに、気に入るように変えたい」
と思うから、人間関係はうまくいかなくなります。
すべての人間関係をうまくいかせるには、
「その人は、その人である」という、そのことをまるごと受け入れることです。

目の前の人が、自分の考え、生き方、価値観とは違うことを認める。
説得しようとか、理解してもらおうとか、思わないほうがいいようです。


ある女性が、私に、こんなことを言いました。

「結婚して15年たつのですが、夫を変えるには、まず、自分を変えることなのですね」

たしかに、自分が変わるほうが、夫婦関係(人間関係)はスムーズにいきます。
ですがそれは、相手を変えるためではありません。

この女性は勘違いをしているようです。夫を変える必要などないのです。
夫を変えるのではなく、「この人は、こういう人だ」とまるごと認めてしまえばいい。
そのほうが、自分にとってラクだと思います。


「どうしてうちの妻は口ごたえばかりするのだろう」と思い、口ごたえをしないように説得にかかる夫がいます。
説得するのではなく、

「この人はきっと、言いたいことがたくさんあるのだろう。だから自分はただ黙って聞いてみよう」

と思って聞きはじめると、妻は夫が言いたいことを聞いてくれるので、口ごたえをしなくなるのではないでしょうか。


・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・

♪3秒で幸せ♪

自分が人格者になってしまうと楽

ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人間関係でなにかしら、心にひっかかりを持っていませんか?

もうちょっとこうならないかしら。

いつもなんでこうなんだろう。

そういうストレッサーとなる人を心に抱えている人
案外、多いのではないでしょうか?


変わらないかしら・・・
変えてやろう・・・

それでは人間の超能力というものが発揮できないようです。

人は誰もが超能力者、だからすべての人が超能力者ではない。

人間関係においても、この超能力を使えるようになると楽です。

さあ、人格者になってしまいましょう。


「。:.゜ヽ(*´∀)ノ゜.:。+゜」


あなたの今日が健康と幸せとありがとうであふれていますように

今日も、読んでいただいてありがとう、ありがとう、ありがとう・・・・
読んで実践したあなたにいいことがいっぱい起きます。

幸せメガネをかけて幸せ一万尺、ありがとう一万尺を歌いながら
ありがとうの森行きのハッピー虹色バスに乗って
ワクワク、スキップスキップ楽しんで♪
笑顔と感謝と幸せの種まきに出発進幸~(^o^)/~♪

拍手[2回]

置かれたところで咲きなさい シスター渡辺和子の名言


ありがとうの森ブログ No.1,497
  
ブログ1500回発行までカウントダウン




風が吹くからおもしろい

いつも順風満帆の毎日というわけにいかないから
こうでなければいやだという自我を外して

「これもおもしろい」と受け入れる...


そうするとなんか本当におもしろくなった♪(^o^)/
なんてことになるんですね♪

あなたの人生にも風が吹く

向かい風、追い風、
ほほをなでるやさしい風、嵐のような風

いろいろあっておもしろい
天国に行った風も吹かなくなりますからね



今日は、叔父の49日の法要で納骨堂に納骨

わたしは思うんです。
きっと人が亡くなったらお骨と水蒸気になる。
その水蒸気になった後はこの空の雲です。
そして、やがてその雲は雨になり、地上に海におちて
植物や海でプランクトンになって
生まれ変わるうちに、輪廻転生人になって生まれ変わる。

だから、この肉体がある今を楽しむこと。
色々人生に起こる出来事を受け入れ愉しむことができる。
あちらの世界では風も吹かない。
出来事も起きない。
退屈なんです。

だから今、この三次元で楽しんで生きていたいものです。


長くなりますが、今日のメルマガの言葉もいいですよ

ありがとうの森ランド
3秒で幸せに
「ありがとうの森」201724  土曜日

明日は、福岡県行橋市で2回目の筆文字セミナーをやります。

筆文字セミナーをこうして頼まれる幸せを感じるこの頃。

それは会場が笑顔とありがとうがいっぱいだからです。

たとえば、ただ講演を聴くというのもいいでしょうが、

手と脳を動かして実践するというこのセミナーは笑顔の数が違うからです。

そして、お楽しみは筆を愉しむことで楽しみが続き楽しみが広がる
さらに、友達のご縁がつながって素敵な人に出逢える。

まだ、出逢ったことのないあなたともどこかで逢いたいものです。

どなたか手を挙げて主催してくださるっていう方がいらっしゃる地域に動きます。

●ありがとうの森  <筆文字アートを描こうin福岡県行橋市>

 【日 時】平成2925()10:0015:00

 facebookイベントページ↓

https://www.facebook.com/events/1838975652991851/

今日は先日亡くなれたシスター渡辺和子先生

今日は先生を偲び、シスター渡辺和子の名言です。 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


◆シスター渡辺和子の名言◆

  作家  中井俊已

心の糧・きっとよくなる!いい言葉 より


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
境遇を選ぶことはできないが、
生き方を選ぶことはできる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼どんな環境に置かれても、

前向きに明るく生きることはできます。

まわりが暗ければ暗いほど、その人は明るく輝きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神様は私たちの「願ったもの」よりも、

幸せを増すのに「必要なもの」を与えてくださいます。

それは必ずしも自分が欲しくないものかもしれません。

しかしすべて必要なものなのだと、

感謝して謙虚に受け入れることが大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼寒さも暑さも、

失敗も不名誉も、

病気もケガも、

いま居る境遇も、

必要だから与えられたのかもしれません。

幸せに気づくために、もっと幸せになるために。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切なのは「人のために進んで何かをする」こと。

「人に迷惑をかけない」からもう一歩進んで、

「手を差し伸べる」気持ちが愛の実践につながる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


▼与える物がなくても

何かできることがあるかもしれない。

ほほえむこと、

話を聞くこと、

いっしょにいること

優しい言葉をかけること、

親切なおこないをすること。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自信を喪失し、修道院を出ようかとまで思いつめた私に、

一人の宣教師が一つの短い英語の詩を渡してくれました。

その詩の冒頭の一行、それが
「置かれたところで咲きなさい」

という言葉だったのです

岡山という土地に置かれ、学長という風当たりの強い立場に置かれ、

四苦八苦している私を見るに見かねて、くださったのでしょう。

私は変わりました。

そうだ。置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せになったり

不幸せになったりしては、私は環境の奴隷でしかない。

人間と生まれたからには、どんなところに置かれても、

そこで環境の主人となり自分の花を咲かせよう、

と決心することができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

▼花を咲かせるとは、自分が笑顔で幸せに生きること。

それによって、周りの人をも幸せにすること。

いまはまだ花が咲く時期でなくても、

少しずつ根を伸ばし、葉を茂らしていくことで、いずれ花は咲く。

そんなことを教えてくださった渡辺和子シスターは、

いま天国でも、私たちにほほえみ、応援してくださっているのを感じています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【出典】渡辺和子著『置かれた場所で咲きなさい』http://ur2.link/B0NQ

 国民的大ベストセラー、発行部数220万部超のロングセラー

:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/,。・

♪3秒で幸せ♪

今置かれた場所に花を咲かそう

ありがとうありがとうありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

たくさんの学びを得た人生は輝やいて見えます。

しかし、その裏には見えない、知らない苦難や努力といったものがあるのです。

だからこその輝き☆・・・

楽ばかり選んで、楽ばかりしていて、自分さえよければいい

そういう生き方よりも

誰かに喜ばれ、誰かを笑顔にして、誰かのために

そんな生き方を選びたいものです。

今、置かれた場所で

「。:.゜ヽ(*´∀)ノ゜.:+゜」

拍手[8回]

感謝とは「何」を「どうする」こと?


ありがとうの森ブログ No.1,496
  
ブログ1500回発行までカウントダウン4
 

 




3秒幸せ詩人「ありがとうの森」として長く長く
ありがとうを投げ続けて、やり続けていることがあります。

一つはメールマガジンの毎日の発行です。
これはすでに2150回を重ねてきました

そして、今読んでいただいている
ブログも1500回の発行まで

カウントダウン5に入りました

両方とも、始めた時は、
自分にもこんなことができるんだろうか?

そんな感じで始めたことが、こうして続けられていることに
あらためて「ありがとう」と言いたいんです

それも、こうしてつながっていてくださるあなたのおかげです。
読んでいただくことが勇気と力になっています。

そして、時に「ありがとう」とメッセージをいただき
これが何より、続ける原動力になっています。

今日も、ありがとう。

素敵な一日の始まりにありがとう。
今日もいい日です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メルマガも素敵な言葉紹介しました。

メルマガありがとうの森No.2,157
http://www.mag2.com/m/0001674942.html


ありがとうの森ランド
3秒で幸せに
「ありがとうの森」2017年2月3日  金曜日


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆小さな幸せに気付いて心を癒し
   周りの人たちに幸せを分けてあげましょう ◆


 日蓮宗僧侶 瀧本光静
みやざき中央新聞より
(NPO法人「奈良情熱学校」主催の講演会より~塩崎計吉特派員取材)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


仏教は「一水四見(いっすいしけん)」のような「見方革命」を学ぶ学問なのですが、
一言で言うと「恩」の学問です。

「恩」とは字のごとく「原因を知る心」ということです。

皆さん、感謝とは「何」を「どうする」ことだと思いますか?

仏教的に言うと、「ありがとう」とただ言葉にするだけでは、
実は感謝にはならないんです。

たとえば講演会のとき、私はいつも自分の水を持っていくのですが、
今日はうっかり忘れてしまいました。

「えらいこっちゃ」とかなり焦ったのですが、
今日は演台に水が置かれていたので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

今回は水を置いてくれたのは田中くんだとすぐに分かりました。
でも普段の講演会では分かりませんから、そのときは
「これはどなたが置いてくださったのですか?」と必ず聞くようにしているんです。

演台の水を置いてくださるという私に対する配慮に対して、
ただ「ありがとう」と思えばいいのではなく、「それはどなたによってもたらされた喜びなのか」
を知らなければならないということです。

これを「知恩」と言います。 

それを知って初めて、その方に「ありがとう」という言葉を発することができます。
これが「感恩」です。

それから田中くんは、私から言われて水を置いたわけではなく、
自分から私のことを気遣って置いてくれました。

その気配りや優しさが嬉しくて、私も「今度は誰かにやってみよう」と考えます。

自分がよいと思ったことや受けた喜びを、今度は周りの人に向けてやっていく。
これが「報恩」です。

つまりこの「知恩」「感恩」「報恩」の三恩がセットになって「感謝」になるのです。

「ありがたい」と思うだけでなく自分の行いにつなげていくことまでが「感謝」だということです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


「ありがとう」と「ごめんなさい」を、私たちは小さい頃に習いますよね。
それは、私たちが生きていく上で、誰かとの勝負や比較ではなく、
その二つの言葉が一番大事だからです。

さらに
事なのは、それを自分から率先して言うことです。


子どもたちは素直ですから、勝ち負けに関係なく、
教えられた通り素直に「ありがとう」「ごめんなさい」と言います。

でも大人は、その素直さを忘れがちです。
だから、ずっと幸せを探し求めてきたはずなのに、
大人はいつの間にか幸せから遠ざかってしまうのです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


仏教というのは「知る」「感じる」「やってみる」という実践の学問です。
これを「修行」といいます。
山に登ったり、山にこもったりすることだけが修行ではないのです。

ですから皆さんも、今日私がお話した中から何か実践していただけたらと思います。

幸せってどこか遠いところにあるのではありません。
今まで気付いていなかったちょっとしたところにも、小さな幸せがたくさんあるのです。

その小さな幸せに気付いて自分の心が癒されたら、
今度は周りのみんなに分けてあげてください。

周りの人に幸せを分けていれば、もし自分の心の光が消えてしまったとしても、
今度は周りの人があなたの心を明るく照らしてくれるようになるでしょう。



・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・

♪3秒で幸せ♪

「知恩」「感恩」「報恩」三恩に

ありがとうありがとうありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
わたしはそういうことは知っている。
そんなことも知らないの。

でも、 「知っている」と言う知識肥満

実践は全然できていない。

そんなことはないでしょうか。

仏教は知ったことを感じてどれだけ実践できるか

「知る」「感じる」「やってみる」

恩を返せるかが問われるようです。

実践が何事も大事。

実践という一歩を今日踏み出したいものですね。




「ありがとうの森」先頭ページへ
http://arigatounomori.iinaa.net/  

拍手[3回]

風の丘大野勝彦美術館 館長 大野勝彦

ありがとうの森ブログ No.1,463


“とやや”に頼んだサンタりんごプロジェクトリンゴが届いた~
6軒の農家さんが作られたリンゴは一つとして同じ味、形はない。...

同じリンゴはふたつとない。人間もそう!
一期一会おいしさにありがとう
と“とやや”は書いてくれているが本当にそうだね。

ひとつひとつの個性を楽しみ味わいます。
ありがとう。

気になった方はこちらへ

サンタりんごプロジェクト

https://www.facebook.com/apple.smile.santa/?fref=ts

りんごの“ふじ”発祥の地青森県藤崎町の
若手農業者の会ワゲモンドとの交流を通じて
全国に笑顔をお届けしているサンタりんごプロジェクト。


おいしそうでしょう↓







今日のメルマガはこちら


手があることにありがとう
3秒で幸せに
「ありがとうの森」2016年12月22日 木曜日

あなたは両手がありますか?
その手で何ができていますか?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆「もう終わりだ」と思った瞬間、
  「バカタレが!」と声がした◆

風の丘大野勝彦美術館 館長 大野勝彦
みやざき中央新聞より

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

平成元年、当時農業をしていた私は、畑にニンジンを植えようとしていました。

家にあるトラクターを出して肥料を撒き終わり、
庭で機械を洗っていたら、芯棒が汚れていることに気付きました。
一生懸命洗うんですが、芯棒の裏側がどうしても洗えません。

そこで、エンジンのスイッチを入れて芯棒を回しました。
すると小さなごみが見えたので
「これは指でつまんで捨てたほうが早いなぁ」と右手を差し込んだのです。

芯棒にはプロペラのような羽がついていて、私がゴミをつまもうとした瞬間、
その羽根が私の右手を巻き込んでしまいました。

右手を抜こうと左手を突っ込んだら、今度はその左手まで一緒に機械の中に入っていきました。

「助けてくれ!」と大声で叫ぶと、おっかさんが飛んできてくれました。

でも、おっかさんは何もできませんでした。
苦しむ息子を前に、機械をどこで止めるのか、スイッチが分からなかった
おっかさんの気持ちを想像すると、今でも胸が苦しくなります。

後で近所の人に、
「おっかさんが『私も機械の中に入っていこうかと思った』と話していた」と聞きました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


手を切断して2回目の手術のとき、麻酔で意識が遠のいていく中、
お医者さんの声が聞こえてきました。

「大野さんは、手を切って救急車が来るまで時間がかかった。
骨が風にさらされていたから空気中のばい菌が骨の髄にまで入っているかもしれない。
あと1週間かな」と。

私の命はその日から1週間の期限付きになりました。
入院生活はあっという間に過ぎて、とうとう手術から1週間後、
自分にとっての最後の日を迎えたのです。

23時59分、病室には自分1人。
私は覚悟を決め、ベッドに座って天井をじっと見つめていました。

まず頭に浮かんできたのは子どもたちでした。

「学校やめんなよ。父ちゃんがいなくても、じいちゃん、ばあちゃん、かあちゃんの言うこと聞けよ」

次は妻でした。

「格好ばっかりつけて、一度も優しくしなかったなぁ。俺は先に逝くけど、子どもたちのことよろしくな」

最後に父と母の顔が浮かんできました。

「親孝行なんてしなかったなぁ。俺が先に逝っても2人は長生きしろよ」

そう思っているうちに、気付いたら時計は0時を回っていました。

「ああ、もう終わりだ」と思った瞬間、「バカタレが!」と声がしたんです。

それは、自分の中の自分の声でした。

「おまえは1週間と言われて、1週間何もしないで今日を迎えた。
 でも本当ならみんなにありがとうと言わないといかんのじゃないか?
 そっちのほうが男らしいじゃないか!」

自分の声なのに、ごもっともだと思いました。

私は切断した腕の切り口を合わせながら、
「神さま、もう1日だけ時間をください。
 みんなに感謝を伝えてから、予定通り明日の晩、死なせていただきます」と祈りました。

私はいつの間にか寝てしまったらしく、目が覚めたら窓の外が明るくなっていました。

「朝だ! お祈りが効いたんだ!」と思った私は、
その日たくさんの人に「ありがとう」を言いました。

でも夜になればまた病室に1人です。
いよいよか、というときに「待てよ。
近所に優しいおばちゃんがおった。
この間来てくれたときも、気を使って団子まで持ってきてくれたなぁ」と思い出しました。

そのおばちゃんに感謝しないと死んでも死にきれません。

「すみません、もう1日ください!」とまた祈りました。

次の日、ちゃんと電話して「ありがとう」を伝えたのですが、
その夜には「あ、あのカラオケのおばちゃんもおった。
すみません、もう1日!」と、また祈っていました。

そんなことを続けて、今日の私があるんです。

いらない世話かもしれませんが、明日も生きている保証ってないんです。
だから「ありがとう」は絶対に早いうちがいいです。

私は「おっかさんに踊りを見せたら喜ぶぞ」と思って
旅役者・玄海竜二の踊りを見ながら勉強しています。

それは、おっかさんへの「ありがとう」でもあります。


【おおの・かつひこ】昭和19年、熊本県菊池郡菊陽町生まれ。
平成元年7月、農作業中に機械に挟まれ両手を切断。
入院3日目より詩を書き始め、2か月後には水墨画を描く。
平成2年に詩集『両手への賛歌』を出版、熊本県立劇場で詩画の個展を開催した。
19年7月、阿蘇長陽村(現南阿蘇村)に「風の丘阿蘇大野勝彦美術館」を開館。
大分と北海道にも美術館を開館し、著作活動や講演活動を行っている。


・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・

♪3秒で幸せ♪

ありがとうを言うなら早いほうがいい

ありがとうありがとうありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

http://kazenooka-museum.jp/

 
風の丘大野勝彦美術館 館長 大野勝彦さん
両手を失い、絶望の淵から立ち上がり
講演しながら、水墨画を書き、美術館まで作られた人です。

よかったら、熊本の風の丘大野勝彦美術館に足を運んでみてください。

その作品に感動しますし、
運がよければ大野さんに直接逢えて話も聞けます。

両手が無くても、そこまでできる。
講演を聞いて、その書道パフォーマンスも以前見ましたが
ギプスを使って書かれた文字は味があり、素晴らしかったです。

人間は、あきらめなければどんなことでもできる。
そんなことを教えてもらいました。

絶望があったからこそ、感謝、ありがとうが生まれた・・・

明日も、続編をお届けします。


「。:.゜ヽ(*´∀)ノ゜.:。+゜」

記事はみやざき中央新聞さんの記事を紹介しています。

http://miya-chu.jp/web/
webみやざき中央新聞

拍手[4回]

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 8
12 15
22
25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /