ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

神護寺で精進料理 母の日


ありがとうの森ブログ No.1,567



昨日は、母の日より一日早く
自分を産んでくれた母を連れ出し食事をしてきました。

平生町の神護寺へ精進料理を予約して、
むかったものの、山の頂上にある
神護寺に着いたのは色々あって13時半。

母は、腰が曲がり坂道を歩くのもやっと。
妻と両脇を抱えてやっとたどり着きました。

母は、味つけの濃い料理が苦手で
そういう料理には、まったく箸がすすみません。

いただいた精進料理は、品数が盛りだくさん


薄味の精進料理に「美味しい、美味しいね〜」と
食べてくれた母の姿に喜びがあふれました。

遠出自体が、なかなか出来にくくなった母。
あと、何度こうした時間を過ごせるのだろうかと思うと、
貴重な貴重な一日だったな〜

母さん、
あなたがいると思うだけで、心が強くなれる

ありがとう

ありがとう

ありがとう


 


メルマガの一部をシェア

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆生きているということは、
   誰かに借りをつくること ◆

藤尾秀昭

『生きる力になる言葉』致知出版社

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


小さなスパンでは、不順もありますが、季節は確実にめぐっています。

「四時(しじ)の序(じょ)、功(こう)を成したるものは去る」

という言葉が『十八史略(じゅうはちしりゃく)』にあります。

四時というのは、春・夏・秋・冬のことです。

春は春の役割をしっかりと果たして夏にゆずっていく。

夏も、秋も、冬も同じです。

それぞれの役割を精一杯果たして、次の季節に移っていくわけです。

何千年、何万年と続く宇宙の摂理から、人間も逃れられません。

役割を果たした人は常に、次の人にバトンタッチして、冥界(めいかい)に移っていきます。

言い換えれば、いま、ここに生きている私たちは自分の役割を果たさなければならない、ということです。

どんな偉大な指導者も、哲人も一人で人格を形成した人はいません。

人は皆凡夫なり、と聖徳太子はいったそうですが、

人は皆、縁の中でしか生きられない、その意味では人は皆一様に凡夫です。

一篇の詩が思い出されます。

どなたかの作かは知りませんが、時折、思い起こしては自らを省みています。

生きているということは、誰かに借りをつくること

生きているということは、その借りを返していくこと

誰かに借りたら、誰かに返そう

誰かにそうしてもらったように、誰かにそうしてあげよう

誰かと手をつなぐことは、その温もりを忘れないでいること

巡り合い、愛し合い、やがて別れのその時、悔いのないように今日を明日を生きよう


人は一人では生きてゆけないから

誰でも一人では歩いてゆけないから



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな人であろうと、誰であろうと、人は赤ちゃんのとき、

母親に世話をしてもらったから大きくなることができた。

「おむつをかえてもらった」

「お乳をもらった」

「着替えさせてもらった」

「抱っこしてもらった」

「熱のあるとき必死になって看病してくれた」…。

同様に、幼稚園、小学校、中学、高校と、まったく親の世話にならずに、

学校生活をおくれた者もひとりもいない。

仕事も家庭も同じで、誰かのご縁とお世話があったから、今がある。

死ぬときも同じ。

死んだあとは、必ず誰かのお世話になる。

人の世話になって生まれて育ち、人の世話になって死ぬ。

だからこそ、生きている間は、そのご恩返しをしておきたい。

「生きているということは、誰かに借りをつくること」

借りを返すとは、人様に喜んでいただくこと、お役に立つこと。

お借りしたご恩を、少しずつでも返してゆきたい。

 

「人の心に灯をともす」より



( ^-^)/,。・・:,。★\(^-^ )♪ありがとう

♪3秒で幸せ♪

今日の日にひとつ恩を返して

ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

拍手[4回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
4
18 20
26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /