ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

「命の授業」腰塚勇人

今日も、雨が降っています。
人生にも、突然土砂ぶりの雨が降るなどということがあります。



たとえば腰塚勇人さんの場合・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1965年、神奈川県生まれ。

元・中学校体育教師。元・養護学校教師。

大学卒業後、「天職」と思えた中学校の体育教師になる。
学級担任、バスケット部顧問として「熱血指導」の日々を送る。

2002年3月1日、人生を大きく変える事故が起こる。

スキーでの転倒で「首の骨」を折り、奇跡的に命は取り止めたものの、首から下がまったく動かなくなる。当時、医師からは「一生、寝たきりか、よくて車イス」の宣告を受け、あまりの絶望に「自殺未遂」をする。

その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、職場の同僚などの応援と励ましを受け、「自分の命があらゆるものに助けられ、生かされていること」に気づき、「笑顔」と「感謝」と「周りの人々の幸せを願う」ことにより、奇跡的な回復力を発揮する。

そして、「下半身と右半身の麻痺」など、身体に障がいを残しながらも、4ヵ月で現場に復帰し、中学3年生の担任を務める。

主治医からは「首の骨を折って、ここまで回復した人は、治療した中では、腰塚さんだけだ」と言われるほどの「奇跡の復活」を遂げる。

その体験を「命の授業」として6分ほどの「ムービー(動画)」にして公開したところ、30万人を超える人々の目にふれることとなる。

2010年3月に、「命の授業」の活動に専念するため、22年間務めた教員を辞職。

同年5月に『命の授業』(ダイヤモンド社)を出版。

2010年2月に『感謝の授業』(PHP研究所)を出版。

現在「命の授業」の講演家として、自らの経験を元に、「命の尊さ」「生きていることの素晴らしさ」「ドリームメーカーの大切さ」「命の喜ぶ生き方」を、全国の小学校、中学校、高校、そして一般の方々に伝える活動をしている。全国から数多くの「講演」依頼があり、講演会の参加者は、開始からわずか2年で10万人以上にのぼる。







あなたの
目は、耳は、口は、手足は、心は
なんのために使っていますか。

人は、失ったもので逆に大きなものを得ることができる。
神様は、そういうふうに人の心をつくっているようです。

そこに大きな気づきができてくる。
失ったものを嘆き悲しむより、
一歩成長して感謝する.

そこに「ありがとう」という感謝のの世界が生まれてきます。
わたしの場合はガンというプレゼントでした。
一見、マイナスに見えるものの中にこそ、大事なことが隠れていますね。

今日も、感謝を忘れずにありがとう。

【「命の授業」腰塚勇人オフィシャルサイト】はこちら

http://www.inochi-jyugyo.com/

「ありがとうの森」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/  


拍手[4回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
7
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /