ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

感謝の五訓

今日は感謝の五訓という言葉を紹介します

『ありがとう』という感謝の心

どんな苦しい場面に出会おうともそれを乗り越えられるマントラは、『ありがとうございます』の十文字です。苦しい場面、悲しい場面に出会った時、『こんな場面を与えて頂いて、ありがとうございます』と百回・二百回もマントラのごとくつぶやく事によって心の底から『ありがとうございます』と言えた時、すべてのものは、成就します。

『すみません』という素直な心

すみませんと言えないから、自分がたいした人間でもないのに、物とか地位で、自分がさも偉くなってきたと勘違いをする。自分の寸法で物をはかろうとするので、正しいの、正しくないと言う事になる。素直になれないという事は、先を見つめる目をもつことが出来ないということです。『すみません』と言えるか言えないかがキーワードです。

『お陰様』という謙虚な心

自分が元気な時は、自分一人で生きていると思って周りを傷つけていることになかなか氣付きません。寂しさ・悲しさに出会った時、『なんだ、ひとりで生きていないんだなあ~』と感じます。成功している人は周りの人のお陰をいつの時点でも忘れません。成功する為の心の持ち方の一つです。

『私がします』という奉仕の心

氣付いた人がすればいいのです。氣がつくという事は、自分が氣付いたのだから、自分がすればいいのです。人に対して、愚痴を言うのではなく、氣付いた自分に『ありがとう』と言ってみましょう。自分の事だけではなく、相手の事を考えて行動できる自分、もっというならば、相手が喜ぶ姿を見て、自分も喜べる事がキーワードです。氣付いたらすぐ行動することが大切です。

『ハイ』といえる智恵の心

これをものにすると、100%嫌われません。どんな形であろうと、答えはひとつ『ハイ』。ボールを受けた時に、どんなボール(カーブ・ワンバウンド)もかならず受けてみましょう。そして、それを相手がとれるボールとして返してあげましょう。 全てのものに『ハイ』というのは、非常に困難です。それは自分の寸法ではかるから、困難となるのです。 相手の寸法ではかれる自分になる為の智恵を得る知識を身につけましょう。


もう一回
1.『ありがとう』という感謝の心 →いやなことにも言えると、どんどんいいことが起きますよ!
2.『すみません』という素直な心 →すなおな人へにはスムーズに川が流れていきます
3.『お陰様』という謙虚な心   →謙虚さを失うとマイナスなプレゼントがやってきます
4.『私がします』という奉仕の心 →まず、自分からという姿勢が運を呼んできます
5.『ハイ』といえる智恵の心   →返事は0.2秒ですよね!(^^)!

メルマガでは見方道のお話を展開中です。
人間は自分が絶対正しいと思う気持ちがありますが、
そ自分も、周りの人も、そして、神様も喜ぶ見方をしていきたいものです。
そうすると、どんどん、味方が増えてくるようです。
今日も、何気ないところで「ありがとう」を繰り返し唱えながら一日過ごしてみてください。

クローバークローバークローバー
「ありがとうの森」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/  

コメントありがとうございます

本当に、ありがたいお話です。
何事にも、謙虚で感謝の心を忘れずいきていけたらなーと思います。
 ありがとうございました。

(tamimamaさん)

tamimamaさん、ありがとうございます。
そうですね、運やツキというものを呼んでくるキーワードとして
「謙虚」「感謝」って欠かせないものですね。
ぜひ、ありがとうの不思議な世界をこれからも味わって、体験してください。
幸せはありがとうの心から生まれます
ありがとう
(ありがとうの森)

拍手[7回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
4
9 11
12 16
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[10/24 小舟吉之]
[10/20 押田美紀]
[09/12 さっちゃん]
[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /