ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

「福島ひまわり里親プロジェクト講演会in山口」山口講演会☆

emojiありがとうの森ブログ No.1,128
 
昨日は、仕事を終えてそのまま
「福島ひまわり里親プロジェクト講演会in山口」
山口講演会☆へ行ってきました。

 

東日本大震災から4年が経ち、西日本に住んでいると特に日常に”震災”を感じることはほとんどありません。

と主催のLalaは言っている。
たしかに、震災のことは自分の日常には何もないというくらい普通の生活をさせてもらっている。

福島ひまわり里親プロジェクト」講演は、理事長の半田真仁さんが、映像をたくさん紹介しながらおもしろく、そして震災から復興、ひまわり里親プロジェクトのことを紹介。

そして、そこに今年から日本で最年少の理事となられた大和田紗希ちゃん(小学校3年生)による講演。

紗希ちゃんは、原発事故によって今なお避難指示の続く富岡町出身。

震災・原発事故で故郷を離れ、家族もバラバラになった時、彼女が気づいたことを小学生低学年とは思えない語りで話してくれました。

あらためて、日常の普通が、どれだけありがたいか確認する日となりました。

講演会が終わって会場を後にしようとしたら、その紗希ちゃんが駆け寄ってきて、「ひまわりの絵を書いてくださってありがとうございました」と頭を下げてお礼を言ってくれました。

さらにそこで彼女が言ってくれた言葉

「これからわたし、人の喜びになることを、与えることをやっていきます」

すごい!そんな一言が今日初対面の大人にいきなり言えるなんて・・・

紗希ちゃんのその一言に感動して、「あー、震災は紗希ちゃんに大変な思いや生活をもたらしたけど、彼女のこれからの人生で、きっとひまわりのように人を元気に、喜びや幸せを与える、そんなことがいっぱいうまれるんだろうな」そう、思わせてもらいました。


ありがとう。半田さん、
紗希ちゃん、そして主催のLala。
 
 
  ☆福島ひまわり里親プロジェクト☆の詳細はこちら

http://www.sunflower-fukushima.com/
https://www.youtube.com/watch?v=jDViDh94EDE
https://www.youtube.com/watch?v=8iV2JaFOLGM
 
 我が家のひまわりは、一度、種植えに失敗、二度目の種まきで現在すくすくと太陽に向かって伸びています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

色々な頼まれごとがあるなかで、模造紙サイズに書くのも、だんだん慣れてきた(^^)
これは、きよちゃんからの依頼♪

な~んとなくふんわりしてる?(^.^)


「ありがとうの森」先頭ページへ
http://arigatounomori.iinaa.net/ 

 
 
 
  
  

拍手[10回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
7
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /