ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

月下美人(ゲッカビジン)にありがとう



昨夜、月下美人の花が咲きました。
夜、咲き始め朝にはしぼんでしまう。

その一夜のために命いっぱいに咲きます
その咲き方にも学ぶことがありますね。

昨日も、素敵な人とのご縁をいただきました。
頼まれごとが増えましたが、誰かの笑顔につながっていきます。
頼まれごとがあるってうれしいものですね。

どうも、人間って自分のことばかり考えていると
落とし穴が待っている気がするなあ。

命 いっぱいに咲いてくれてありがとう。

今日も、幸せがあなたにいっぱいありますように 。


以下に、今日のメルマガの文章を転載します。お時間があるかたはどうぞ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林正観さんの言葉を贈ります。

正観さんは「人生に努力はいりません」

と言われています。

努力が必要だ、でも今まで繰り返し失敗した
つまずいてきた、そういう人がいらっしゃったら
ひとつのとらえ方としておもしろいかもしれません。

************************


●悟り(宗教的悟りとは違います)


人間が「悟る」ためには、
実は何十年もの修業は必要ありません。

一番短くて「三秒で」「悟る」こともできるのです。

一秒目。

今まで自分の身に起きたことは、
すべて自分に必要だった、と思うこと。

二秒目に、

そのすべてが、自分にとってプラスであった、
自分を成長させてくれた、そ れがなければ、
自分はここまで来なかった、
今日はなかった、と思うこと。

三秒目に、

だから今までのすべてに感謝している、
今までの全てに感謝できる、と思うことです。


そう思い切ることができたら、敵意や憎しみ、
社会に対する呪いや恨み、というものが消えます。

自分の皮膚の外以外のものを、恨んだり憎んだり、
嫉妬したりする感情が消えます。



「恨む」こと、
「憎む」こと、
「呪う」こと
(私はこれを「うにの感情」と呼ぶのですが)、
これらを中心にした「怒り」や、
「イライラする気持ち」などの否定的感情を
なくしてしまうと、想いがかないやすくなります。

 

「悟り」というのは、それほど難しいものではありません。

まず、今日までの自分に起きたこと、
目の前に現れた人、などに対する
不平不満、愚痴、悪口などを一切言わないこと。


そして、それらが全て自分の人格を向上させ、
魂を磨くために必要であった、と思い感謝すること。


それがここでいう「悟り」であり、

宇宙の意思と合致し、幸せになる方法なのです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

まずは不平不満、愚痴、悪口などを

一切言わないことからはじまるんだなあ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

だから、ツイてる。
不平不満、愚痴、悪口・文句、泣き言を言わないから
ツイてると思うこともできませんか。

※この前、ホームセンターに行って鋼管を切ってもらったら、
ガタガタに切られて、ケガをしそうな切り口に
これでお金を払えっていうの?みたいな投稿を
見たことがありました。

うん、たしかに、と思う映像でしたが
ここで文句を言うと自分の細胞が傷つきます。

損得勘定でいって、文句を言うのは損。

「切ってくださってありがとうございます・・・・」

さあ、あなたならこの後、なんと言いますか?

一秒目、
二秒目、
三秒目、読み返してみてくださいね。
いつも、そういう時の自分の行動が全部自分に返ってきますから。

====================

自分の今日が自分にちょうどいい。
言葉を大事にして、いい一日にしていきましょう。

拍手[11回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 7
8 10 14
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[09/12 さっちゃん]
[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /