ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

小林正観 脱力のすすめ(人間本来 本当に大切なもの)


心のユートピア「ありがとうの森」
今日も読んでいただいてありがとうございます。


小林正観さんは、中央大学卒、
「競う、争う、比べる」を若い時は実践していました。

しかし、自分の子供に教えられたのです。
そして、きそわない、くらべない、あらそわない生き方にたどりついたんです。

正観さんの源泉はここにあるんです。
ちょっと長いので時間がある時、ゆっくり読んでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『脱力のすすめ』小林正観(著)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニッコリ笑っていてくれるだけで、
まわりを温かくし、
光を発している知的障害児の長女。
ここに人間の価値がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚して三年目にやっとできた長女は知的障害児で、
努力やがんばることができません。

二十七になりますが、知能でいうと七歳くらいです。

日常生活にはなんの問題もありませんが、
自分の名前を漢字で書いたり、足し算、引き算を
したりなどはできません。
しかし、この子は、自分より立場の弱い人、
怪我をしている人を見れば、
駆け寄って『大丈夫?』と手を貸すような子どもで、
教えられることがたくさんありました。

小学校四年生までは運動会の徒競走が
五十メートル、五年生と六年生は百メートルでした。
長女は小学校五年生まで、徒競走はずっとビリでした。

染色体の異状により、脳細胞や体の筋肉が普通の人の
三分の一くらいしか発達しないため、ものをもったり、
走ったり、歩いたりなど、なにかをする能力は
三分の一くらいしかありません。
そのため、走るというより速歩きという感じです。

小学校六年生のとき、
運動会に行く前、なぜか妻がとても楽しそうでした。

『今日はいつもより楽しそうだね』と言うと、
妻は『初めて徒競走でビリじゃない姿が
見られるかもしれない』という返事。
どういうことなのかと尋ねたところ、次のような話しでした。

同級生の女の子が、運動会の一週間前に捻挫をして、
包帯ぐるぐる巻いている状態だったそうです。
誰もが徒競走に出ないだろうと思っていたところ、
『どうしても走りたい』と言い、困った先生は、
最終組で長女と走らせることに。

健常児六人+捻挫した子と長女の
合計八人で走ることになりました。

捻挫して、包帯を巻いている子と走ることになり、
『長女が生まれて初めてビリではない姿を
見られるかもしれない』と言い、ニコニコ笑いながら
朝、二人で手をつないで出かけて行きました。

夕方、ニコニコして帰ってきたので、
『どうだった?』と尋ねると、満面の笑みで、
『それがまたビリだったのよね』という答え。


すいぶん楽しそうな顔だったので、
経緯を教えてもらいました。

健常児六人が五十メートルくらいのところを走っているとき、
長女は十五メートルくらいの場所を走っていた。

捻挫をした子は十メートルくらいの地点を走っていたそうです。

長女は、後ろを振り返り、気にしながら
前を走っていたところ、捻挫をした子が
『キャッ』と言って転んでしまいました。

それを見た長女は『大丈夫?』と言って逆走し、
その子を助け上げ、肩を支えながら、
一緒にトコトコと走ります。

ゴールする、前に捻挫をした子の肩をポンと押し、
その子が先にゴールしたと、妻は言いました。

九十メートルくらいのところで、係のお子さんが
ゴールテープを取り直して張ったそうです。

父兄が二千五百人くらい来ていたそうですが、
みんな立ち上がり、九十メートルあたりからは
拍手をして応援してくて、感動的な光景だったと。

長女は捻挫した子を助けながら走ったにもかかわらず
最後のところで、自分は先に行かず、彼女を先に
ゴールさせたということです。


妻が『それでまたビリだったのよねぇ。
そういう子どもだもんねぇ』と笑顔で言うのを、
私は苦笑いして聴いていました。

しかし、その苦笑いしていた顔が、だんだん真顔に。


私は、父親から『努力しないやつはバカだ、クズだ』と
何十万回と言われ続けて育ちました。

『どうもそうじゃないみたいだ』と思いながら生きてきた
ものの、長女の生き方が父親から教わったこととは
まったく違い、衝撃を受けました。

私にとって人生観を根底から覆すような出来事だった。

そのため、一週間考えました。


一週間考えて出た結論は『長女の生き方が正しい』
というものでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、私の魂がどちらの生き方を喜んでいるかと
考えたときに、長女の生き方が本質だと思い、
喜んでいる自分がいることに気がつきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私たちは、小・中・高・大学・大学院、会社、社会、家庭
というすべてのところで、『努力しないやつはバカだ、クズだ』
『競いあい、比べあい、人より抜きん出ることが
立派な人間である』『負けてはいけない』『成功しなければ
ならない』と教えこまれてきました。

しかし、『人間の価値は、それらとは違うところにある』
この新しい価値観を長女が教えてくれたのです。

長女は、いつもニコニコしていて、私が家に帰ると、
眠い目をこすりながら『お帰り』と言って玄関先で
迎えてくれます。

いつもニコニコしていて、
楽しそうに、幸せそいうに暮らしています。

『努力しないやつはバカだ、クズだ』という
価値観とはまったく違い、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただそこにいるだけで、まわりの人に幸せを
感じさせてくれる存在です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この子が笑顔でニコニコしているだけで、
まわりをとても温かくし、
和やかな空気にします。

小学校を卒業するとき、
校長先生が次のようなコメントを書いてくれました。

『笑顔とありがとうという言葉は、
学校の中で最高のものでした。これほど笑顔と
ありがとうの言葉が似合う子どもはいなかった』と。

私は父親から
『がんばらないヤツはバカだ、クズだ』と何十万回と言われて
育ってきました。長女が生まれてこなければ、
ずっとその価値観で過ごしていたでしょう。

しかし、わが家に知的障害児の子どもが生まれてくれた
おかげで、人間の価値は、努力すること、がんばることではない
と教えられました。

長女は、ニッコリ笑っていてくれているだけで、
まわりをとて温かくし、光を発しています。
ここに人間の価値があると教えに来てくれたのです。


書籍『脱力のすすめ』
小林正観(著)

*********************

どんなあたなでもすばらしい

どんなあなたでもたいせつだよ

あなたという存在にありがとう


*********************



☆正観さん、講演会でも、長女のけいこさんのことを
何度も紹介されています。

いつも、にこにこしている
「ありがとう」と言って90度のお辞儀をする
そんな長女は

「生まれながらの神様」

ということに気づくんですね。

けいこさん、生まれてきてくれてありがとう。
あなたの存在がたくさんの光となって
たくさんの人に幸せをもたらしています。

わたしたちの身のまわりにも気づくとそんな
何回も人間として生まれ変わってきた「神様」
そういいたくなるような存在がきっといるはずです。

気づくと、3秒で世界が変わります。


それは、とんでもない

「ありがたい」存在だったんだ☆☆☆

「ありがたい」ことだったんだ☆☆☆



☆感謝は幸せの日々がやってくる魔法☆
ありがとう、ありがとう、ありがとう!

感謝を忘れないあなたの幸せ 応援しています。
今日もささえていただいて
ありがとう、ありがとう、ありがとう!!


※本屋さんでお求めになれない本、宝来社の書籍はこちらへ訪問するとwebで購入できます。
小林正観さん 通販 即配 送料無料 うたしショップかわむ楽

ttp://utashi-kawamura.jp/


拍手[10回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
4
9 11
12 16
21 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[10/24 小舟吉之]
[10/20 押田美紀]
[09/12 さっちゃん]
[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /