ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

文殊の智慧

ありがとうの森ブログ No.1,354



幸せになるんじゃなくて
しあわせに気づくんだよ
ありがとう
(ありがとうの森日めくりカレンダー)
...
おはようございます\(^o^)/
幸せになりたい人は、ずっと幸せになりたい人生を過ごします。
朝起きたら、目が覚めてしあわせだ〜ありがとう

今日も3秒でしあわせに
しあわせ気づき族のありがとうの森の住民になって過ごしませんか(^O^)/

3秒幸せ詩人 ありがとうの森
西本敏昭 にしぽん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日メルマガで紹介した『文殊(もんじゅ)の智慧』
こちらでも紹介しておきます。
実践したいね

  ←文殊菩薩
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【文殊の智慧】

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

むかしむかし、インドには、悪人ばかりが住んでいる国がありました。
この国の人々は、いつも悪い事をしたり、乱暴をしたりしました。
  
その事を知った目連(もくれん)というお坊さんが、仏さまにお願いしました。

「仏さま、わたくしを、あの悪い人たちが住む国へ行かせて下さい。
何とかして、あの人たちを良い人間にしてやりたいのです」
  
すると仏さまは、にっこり笑って、
「それは良い行いです。大変でしょうが、頑張りなさい」
と、悪い人の国へ行く事を許してくれました。

目連はさっそく悪い人の国へ行くと、
人々に色々な話をして、良い人間になる為のお説教をしました。

「人間は悪い事をすると、その時は良くても後で必ず恐ろしい罰を受ける。
そして死んでからも、必ず地獄へ落ちて苦しむのです。
だから悪い事を止めて、良い事をしなさい。
乱暴は止めて、困っている人を助けるのです」
  
ところがいくら目連がお説教をしても、誰一人話を聞こうとはしないのです。
  
それどころか、
「はん、偉そうな事を言っても無駄だ。後でどうなるかよりも
今が良ければいいのだ。お前なんか、帰れ、帰れ」
と、石を投げつけたりするのです。
目連は仕方なく、自分の国に帰ってしまいました。

さてこの話を聞いた、舎利弗(しゃりほつ)というお坊さんは、

「悪い人たちを導くには、やさしく言っても駄目だ。もっと、厳しくしないと」
と、仏さまの許しを受けて、悪い人の国へとやって来ました。

「お前たち、よく聞け!
今すぐ悪い事を止めないと、地獄で永遠に苦しむ事になるぞ!
助かりたければ、おれの言う事を聞くんだ!」
けれどもこの国の人たちは、やはり舎利弗を嫌って追い返したのです。

その後も、五百人ものお坊さんが次々と出かけて行きましたが、
誰一人成功した者はいませんでした。
  

そこで仏さまは、文珠(もんじゅ)という知恵のあるお坊さんを選んで、
その悪い人の国へ行かせてみました。
  

悪い人の国へ着いた文殊は他のお坊さんたちとは違って、
この悪い国と悪い人たちを褒めたのです。

「ここは、何と良い国だろう。
そしてここに住む人々は、何と立派な人たちだろう。
こんな良い所へ来られて、わたしは実に幸せだ」

いくら悪い人たちでも、褒められればうれしいものです。
  
そこで人々は、自然と文珠の周りに集まって来ました。
中には文殊に、ごちそうを出す者さえいました。
「このお坊さんは、とても偉い人だ。おれたちの事をわかってくれる」
「そうだ。今までのお坊さんは、おれたちを見下していたが、
この人はおれたちを理解してくれている」
文殊は、みんなから尊敬されました。

そこで文珠は、
「わたしの先生である仏さまは、わたしなどとは比べ物にならないほど、
それはそれは立派なお方ですよ。
  
その仏さまの教えを受ければ、あなた方はもっと幸せになる事が出来るのですよ」
と、言ったのです。

すると、みんなは、
「それならぜひ、仏さまの教えを受けさせてくれ」
「おれもだ。おれも」
と、仏さまの教えを受ける事にしたのです。

それを知った仏さまは、文殊の知恵を大いに褒めて、
「よくやりましたね。
  
人を導くのは、とても難しい事です。
ただ人に考えを押しつけるのではなく、
その人の考えを理解し、その人とうち解ける事が大切なのです。
お前はその事に、よく気がつきました。
お前のおかげで、悪い国の人たちも救われるでしょう」
と、うれしそうに言いました。

この時から、優れた考えや知恵の事を『文殊の智慧』と言う様になったのです。

  ←文殊菩薩イラスト

 
・゜★,。・:*:・゜☆♪ありがとう♪・゜★,。・:*:・゜☆

人の心は、おもしろいですね。

でも、言えるのは

そこに鏡の法則があるってことです。

自分がそう言われたらどう思うか。

他人は他人と思っていますが、

他人は自分、自分は他人
と思うと、ちょっと言葉の出し方も変わりませんか?


『文殊の智慧』を活かしたものです。


今日も、読んでくださった、あなたにいいことがいっぱい起きます。

ありがとう

今日も幸せ一万尺、ありがとう一万尺を歌いながら
ありがとうの森行きのハッピー虹色列車に乗って
笑顔と感謝と幸せの種まきに出発進幸~(^o^)/~♪
 

拍手[11回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
4 5
7
23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /