ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

あなたが尊敬する人 ありがとう

あなたが尊敬する人は誰ですか?

そういうアンケートにあなたは誰の名前を書きましたか?

そういう時には、超有名な偉人の名前を書こうとした記憶ありませんか?

わたしとつながる群馬のSさんの
メルマガ「ありがとう!今日も幸せです」http://merumo.ne.jp/00607255.html
で教えていただいたお話です。

*・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・* *・゜゜・*:.。..。.:*・゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・* 

『親の愛』

「親の愛は山よりも高く海より深い」
という言葉があります。
親があってこそ今の自分が存在しています。

「いつまでもあると思うな親と金」
独立心と倹約をうながす諺ですが
親の健在なうちに少しでも多く
感謝の言葉を伝えたいものです。

きょうはネットで見つけた
親への愛について書かれた
ブログを紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カッパのブログより

小学生の頃、学校の先生から
自分が最も尊敬する人をあげなさい
と言うアンケートがあって
私は、「リンカーン」と書きました。

それから、アンケートの結果を見て
私は、愕然(がくぜん)としたのです。
何と、半数以上の人が「自分の両親」
と書いているではありませんか。

その時、正直言って私は
その半数以上の人たちのことを
心の中で笑いました。
「君たちは世界の偉人たちを知らないのか」と。

彼らの業績に比べれば、我々の両親なんて
ちっぽけな存在だと。
そんな傲慢な気持ちを持っていたのです。
 
私は、三人兄弟の長男です。
私の下には、弟と妹がいます。
私は、小さい頃からいつも両親に
「長男なんだから我慢しなさい」
と言われ続け、育ちました。

ところが、成人を過ぎ、久しぶりに
兄弟三人が会って、食事をとっていた時に
弟と妹が口々に
「お兄ちゃんは一番、親に甘やかされたね。
うちの親はお兄ちゃんが一番
可愛かったんだね」と言いました。
私は、「そんなことはない」と
反論しましたが、多勢に無勢でした。 
 
私の知らないところで、弟妹は
両親をしっかり見ていたのです。
それにもかかわらず私は
両親の思いやりに
ほとんど気がづきませんでした。
親の愛に鈍感だったのです
 
中学の頃、私は、母親も父親も
ファッションセンスがなく
ダサイ親だなと思っていました。
もう少しきちんとした格好を
してほしいものだと思いました。
母親は、ほころんだ服にエプロン姿。
父親は、光沢のないすすけた背広。
 
高校の頃、母親がアルバイトを始めました。
その時、専業主婦しか知らないくせに
無理するなと言いたかったです。
また、父親が沖縄や青森に単身赴任した時には
子供を見捨てるのかと思いました。
 
大学の頃、両親は自分にほとんど
構ってくれず、不満が募りました。
しかし、あまり勉強をしなかったため
色々と口うるさく叱られました。
その頃の私は、両親なんていなくでも
自分だけの力でやっていけるさと
本気で思っていました。
 
就職して社会人になった時
世間の荒波に揉(も)まれ
初めて、私の防波堤となってくれていた
両親の有り難みを感じました。
そして、子供の頃、
アンケートに書いた答えが
間違いであったことに気づかされたのです。
最も尊敬すべきは
歴史上の偉人などではなく
まさに私の身近で
陰日向(かげひなた)となって
支えてくれた厳しくも温かい両親だったのです。
 
ある日、両親の若い頃の写真を発見しました。
そこには、まるで映画の1シーンのような
洗練された若いカップルが寄り添っていました。
とても素敵な服装で着飾っていました。
 
私の両親は、決してダサかったのではなく
3人の子供を育て上げるために
涙ぐましいほどに節約し
ほとんど服を新調しなかったのです。

そして、母親がアルバイトしたのも
父親が単身赴任したのも
すべて将来の子供のためを思って
貯金するためだったのです。

両親は、子供達を一人前に育てるために
すべてを犠牲にしたのです。 

この間、両親の誕生日に
何か高価なものをプレゼントしようと考え
母親にはブランドのバックかなとか
父親にはハイスペックの
ノートパソコンかななどと思い
両親に聞いてみました。

すると、両親は、ふたりとも
チョコレートの詰め合わせが良い
言うではありませんか。
しばらくして、その意味がわかり
私は涙が止まりませんでした。
子供を育て上げてまでも
子供達に負担をかけまいと
気遣っているのです。

私は高価な物で愛情を示そうとした
自分が恥ずかしくて仕方ありませんでした。
まさに「親の愛は山より高く海より深し」
ですね。
 
私の大好きな星野富弘氏の詩歌に
次のようなのがあります。
 
  神様がたった一度だけ      
  この腕を動かしてくださるとしたら
  母の肩をたたかせてもらおう。
 
  「愛、深き淵(ふち)より」
  (立風書房)の巻頭から


「ありがとうの森」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/  

メッセージありがとう

自分のことで精一杯で‥忘れていました。
両親に電話しました。ありがとうって‥
(Rちゃん)

Rちゃん、素直で素晴らしい!
この話を読むと、ついつい涙がこぼれてしまうわたしです。
親のことは、若いときにはわからないけど、その恩の大きさは
自分では返せないほどの大きなものですね。
「ありがとう」いっぱい伝えましょう。
(ありがとうの森)

拍手[11回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 8
12 15
22
27

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /