ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

三つの幸せ 鍵山秀三郎

ありがとう森ブログNo.1,735



ありふれたような毎日の中に
大切なものがちりばめられている
ありがとう
(ありがとうノートハッピープレゼントNo.326)

あなたのありふれたような毎日
その一日一日に大切なものが
たくさんちりばめられている

感謝して今日を生きてみよう
ありがとうの心で


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後の活動予定です。

●ありがとうの森ミニ講演&筆文字講座
岩国市中央公民館 川下出張所
2018年1月24日(水)10:00~12:00
TEL:0827-23-0641(担当:久保)

●<第3回ありがとうの森筆文字セミナーin行橋>
【日 時】平成30年1月28日(日)10:00~15:30
【会 場】ウィズ行橋 行橋市大字中津熊501番地の1
【主催者】高橋 梨花 
連絡先・お問い合わせTEL:080-8568-6848
https://www.facebook.com/events/1932293380354034/

 
●萩市 都志見病院主催市民公開講座 
にしぽんがガン経験者として語る講演会
「ガンにありがとう」
2018年2月17日(土)10時~萩千春楽ホテル
聴講無料 全席自由

●第3回
ありがとうの森にしぽん筆文字で幸せ100%in京都
2018年2月25日(日)10:00 - 15:30
〒604-8147 京都市京都府京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262番地
イベントページ↓
https://www.facebook.com/events/1678632388847205/
前日24日(土)は希望者で京都ぶらり旅を予定


昨年京都での写真です(^_^)/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

メルマガで紹介した鍵山秀三郎さんのお話を紹介。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【三つの幸せ】
 鍵山秀三郎
『あとからくる君たちへ伝えたいこと』致知出版社より

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今日は皆さんに、これからどうやったら自分自身の人生がよくなるかということについてお話したいと思います。
人間はだれでも自分の人生をよくしたいんです。
自分の人生を悪くしたいと思っている人は1人もいません。
けれども、残念ながら、自分の人生を自分で悪くする人もたくさんおります。
また一方で人生をとてもすばらしくよくする人もいるわけです。

今日は、皆さん方がどういう心がけで人生を送っていかれたら、どんなによくなるかということを、
「三つの幸せ」というお話によってさせていただきたいと思います。

1.「してもらう」幸せ
皆さんが生まれてから、お腹がすいて顔じゅう口みたいにして大きな声で泣くと、お母さんがお乳をくれます。
おしめが濡れて泣くと、おしめを取り替えてくれます。
抱っこしてもらいたと思って泣けば、抱っこしてもらえる。
抱っこしてもらったり、お乳をもらったり、おしめを取り替えてもらうと、
いままで顔を真っ赤にして泣いていた赤ちゃんは泣き止むというふうに、何かをしてもらうとうれしい。
これは「してもらう」幸せです。

2.「できるようになる」幸せ
三つくらいになると、それまで母親から食べさせてもらっていたご飯を、自分で食べたくなります。
母親が食べさせようとすると、お茶碗と箸を取って、自分で食べようとします。
いままでできなかったことができるようになるとうれしいから、
ご飯をポロポロこぼしながらでも自分で食べるようになります。
もう少し大きくなりますと、自転車に乗れる、鉄棒ができるようになる、
学校でいままで飛べなかった跳び箱が飛べるようになるというふうに、
いままでできなかったことができるようになると、うれしくてとても幸せなものです。
そういうふうに、いままでできなかったことが「できるようになる」幸せがあります。

3.「してあげる」幸せ
三番目がいちばん大事ですが、皆さんがお父さんやお母さんから何かを頼まれて、
それをやってあげると、お父さんやお母さんは非常に喜びます。
あるいは、友達に何かしてあげると、友達が喜ぶというふうに、「何かをしてあげる」と、人がとても喜びます。
そして、人が喜んだ姿、喜んだ顔を見たときに、自分が幸せになります。
これがもっとも大事な幸せです。
いつも人に何かをしてもらわないと幸せになれない人、それから、
自分さえできればいいという考え方のような人では駄目で、
人に「何かをしてあげる」幸せが大事だということです。

この三番目の幸せを感じるようになると、どんどん人生はよくなっていきます。
どうしてよくなっていくかというと、この「(して)あげる」幸せのできる人の周りには、
非常に善良な、「人のいい」人たちが集まってきて、そのいい人たちと人生を送ることができるようになるからです。

“香川県善通寺市立東中学校での講演”より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くれない族」という言葉が一時流行したことがある。
あるテレビドラマから生まれた言葉だが、
「まわりが、○○をしてくれない」とぼやいたり、嘆いたりすることが口ぐせになっている人たちのこと。

誰かが何かをしてくれない、というのは生まれたての赤ちゃんと一緒。
人は、いつかは、独立し、自立していかなければならない。
いつまでも親に養ってもらうわけにはいかないからだ。

人が、自立した証(あかし)が、「人に何かをしてあげる」ことができること。
人の喜ぶ顔を見て、自分も幸せになれる。
人の喜びを我が喜びにできる、自立した人でありたい。
「人の心に灯をともす」より


♪( ^-^)/★,。・・:,。★\(^-^ )♪ありがとう
♪3秒で幸せ♪
「してあげる」幸せできたら
ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


鍵山秀三郎さんの話は、積み上げてきた実践から生まれたお話。
にしぽん、実際に東広島市上野和浩さんのご縁で夢拾いにてお逢いして、
対面してお話をさせていただきましたが、やさしいまなざし、言葉、笑顔
どれをとっても深い積み上げてこられた人間力を感じました。
そうですね、「してもらう」幸せ、「できるようになる」幸せから
「してあげる」幸せが増える人生を選んで生きていたいものです。
いい人たちと人生を送ることができる幸せ
たくさん味わうことができる人生
あなたにありますように

さあ、今日もありがとうで幸せ!実践ジャーでいこう
 
 

東広島市夢拾いでイエローハット顧問 鍵山秀三郎様とツーショット

拍手[4回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
3 6 8
10 13
20
23 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

[06/17 やまだ太郎]
[06/14 やまだ太郎]
[06/12 やまだ太郎]
[06/10 やまだ太郎]
[06/09 やまだ太郎]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /