ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

肯定的なかもかも星人になってしまおう


ありがとう森ブログ No.1,665




あかるくのびやかに
やさしい子になぁれ

昨日はたくさんのお祝いコメントありがとうございます(^o^)/

生まれてきてくれてありがとう.
自分自身も生まれてきたときはそう思ってくれた人がいるはず
自分の子供が生まれてきてくれた時もそうでした。

そして、また命の根っこがつながり新しい命の誕生。

きっとあなたもそう思われていたemoji
あなたがただそこにいるだけでいい

命って、そうしてみとめることで耀くんですね。

愛をいっぱいに受けて育ってほしい。
その受け取った愛は未来にいっぱい
笑顔の花を咲かせる人になれる味の素だから。

あなたにも今日、宇宙からの愛がいっぱい届いていますemoji
感じてくださいねemoji

あなたの命も今日さらに輝きますように
ありがとう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日のメルマガありがとうの森No.2,394をシェア


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆肯定的な予感を持てる人◆
西田文郎
『人望の法則』日本経営合理化協会
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


古来から人間には、勘とか第6感、ヒラメキなど、なにやら非科学的でオカルトチックな能力があるとかないとか言われてきたが、
この未来を思い通りに予知する能力の正体は、じつは扁桃核(へんとうかく)のジャッジによって芽生えた感情脳の
「否定的あるいは肯定的なかも」である。

扁桃核が「快」を示したときには「できるかも、成功するかも」という「肯定的なかも」が脳内に発生し、
扁桃核が「不快」を示したときには「できないかも、失敗するかも」という「否定的なかも」が発生する。

この予感の「かも」は、まだ明確なプラス思考でもマイナス思考でもなく、思考が形成され、
概念化される前のファジーな「感じ」であるため、これまでの能力開発では見過ごされてきたが、
このファジーな予感こそが未来を決めるというのが、本当のところである。


もちろん、当たる予感と当たらない予感があるが、不思議なことに、悪い予感ほど的中すると多くの人は考える。
しかし、悪い予感のほうが当たるのには、それなりの理由がある。

なぜなら、悪い予感は努力の必要がないからだ。


そもそも、「否定的なかも」につかまり、抜け出せなくなっている人たちの共通点を挙げるとすれば、
うまくいかない原因を「自分のせいではない」と考えているということだろう。

悪い予感を抱く経営者はみな、自社の減収減益を
「不況のせいだ」「円高のせいだ」「政府の無策が悪い」「社員が無能ばかりだから儲からない」と、
自分以外の誰かの責任、すなわち「他責(たせき)」にしている。


じつは、これが現状を改革できない人間の特徴である。

考えてみれば、「能力のない部下のせいで、今月も売上が伸びなかった」などという発想は、
要するに、その能力のない部下の方が自分よりも決定的な影響力を持っていると暗に認めているようなものだ。


つまり、自分はこの事態を改善できない、状況に太刀打ちできないと、
無意識のうちにそう自覚している人間が、責任転嫁という守りに入るのである。

人が自分を守ろうとするのは、必ず「否定的なかも」が脳に羽ばたいているときだ。
だから、「この不況は絶好のチャンスだ」と思える経営者は、絶対に「不況のせい」とは言わない。
業績回復の肯定的なイメージを抱く社長は、いまの不振を社員の責任に帰することなど、万に一つもあり得ない。


すなわち、扁桃核が「不快」になっている他責型の人間は、誰かを責めたり、
何かを批判したりしながら悪いイメージを反復し、望ましくない未来の「かも」に完全に支配されてしまう。
かくして、悪い予感は見事に的中し、ツキも人望もない無能な人間が出来上がるというわけだ。


一方の良い予感が実現するには、何らかの努力が必要となる。

脳に「肯定的な予感」「肯定的なかも」がある人間は、どんな困難な状況に置かれても、
「これは自分の責任だ」「この問題は私に与えられた試練だ」と考えられる「自責(じせき)」のメンタリティをもっている。

だから、どんな困難な状況に置かれても、ウキウキワクワクし続け、最後にはとんでもなく大きな夢を実現してしまうのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『「過去のせい、誰かのせい」を捨てたときから人生は好転する』(ウエイン・ダイアー)


何かをやろうとしたとき、否定的な予感や、言葉や感情がいつも先に出てくる人がいる。
「悪い予感は努力の必要がない」、からだ。
そして、人のせいや、まわりや過去のせいにしてしまう。


肯定的な予感や、言葉、感情がいつも普通に出る人は、何らかの努力をする覚悟を決めている人だ。
何かを改善したりよくするには、必ず具体的な「行動」や「実践」が必要だ。
ただ漠然と思ったり、願ったりするだけで、現状が改革するわけがない。

いつも、肯定的な予感を持てる人でありたい。

「人の心に灯をともす」より


♪( ^-^)/★,。・・:,。★\(^-^ )♪ありがとう

♪3秒で幸せ♪

肯定的なかもかも星人になってしまおう

ありがとう ありがとう ありがとう

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

人間はそもそも自分の身を危険から守るために
「なになにしてはならない」という否定的な感情を親からまわりから与えられている。

その否定的な感情はあまり努力が必要ないんですね。

しかし、自分なら大丈夫かも、自分ならできるかも
と肯定的な感情を持てる人は、なぜかうまくいってしまいやすい。

あなたはどうですか?

なぜか、うまくいく。
ついてる。

一寸先は闇なのか

一寸先はパラダイスなのか

さあ、どっちを選んで生きていきますか?

肯定的なかもかも星人になってしまおう(^_^)/
ありがとうemojiemojiemojiemoji
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ありがとうの森 2018年月めくりカレンダーご予約ありがとう☆
売り切れ御免!ご予約はお早目にお願いします(^_^)/
↓ブログ映像紹介
http://arigatounomori.blog-mmo.com/Date/20170922/1/

今日もありがとう(^^)/


。:.゜ヽ(*´∀)ノ゜.:。+゜


今後の予定です

●愛情防府フリーマーケット ありがとうの森出店
10月14日(土)9時30分~15時30分
出店場所は防府天満宮近く

●虹の鳥とこと子どもたち地球未来の文化芸術展
10月15日10時~16時
会場:山口市民会館に出店

●ありがとうの森筆文字セミナーin福岡県田川市
10月29日(日)10時~15時30分
https://www.facebook.com/events/294256787725279/?active_tab=about

●ありがとうの森筆文字セミナーin山口市徳地
11月12日(日)10時~15時30分

★行ってみませんか?
第4期ご縁紡ぎ大学山口校↓ 中村文昭校長と半径50cmで話せます
https://www.facebook.com/events/332887473741076/?acontext=%7B%22source%22%3A3%2C%22source_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22newsfeed%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22feed_story%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%2C%22has_source%22%3Atrue%7D&source=3&source_newsfeed_story_type=regular&action_history=[%7B%22surface%22%3A%22newsfeed%22%2C%22mechanism%22%3A%22feed_story%22%2C%22extra_data%22%3A[]%7D]&has_source=1&fref=nf


今日も気づけばあなたの心に幸せの風が吹いてきます。
今を幸せに
☆ありがとう、しあわせます☆

長々と読んでもらってありがとう

拍手[4回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
3 4
7 11 13
23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

[10/24 小舟吉之]
[10/20 押田美紀]
[09/12 さっちゃん]
[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /