ありがとうの森

ありがとうは幸せの種

死ぬ時に後悔する25のこと

 


「死ぬときに後悔する25のリスト」
1000人以上の人生の最期を看取った終末期医療の専門
家の大津秀一さんが作成したもの。
先に逝ってしまった人生の先輩の失敗から
学ぶひとつひとつ。
ほとんどの人は死を前にすると後悔するという
では、人生の最期を前に、どのようなことに後悔するのか。

「やり残したこと」
 
わたしはどうだろう・・・・

今日が最後になってもいい
、受け入れる人生。しかしながら
死を意識した生き方をすることで、まわりにもっとやさしい自分でいたいなあ。


それでは、昨日につづいてメルマガで今日紹介した宗一郎君の言葉をかみしめてください。

3秒で幸せに「ありがとうの森」


名言セラピーの最後に書いてあるこの文章を
見るたび、聞くたびに

生きているって素晴らしい。
生かされてありがとう。
そう思います。

*:..。o○☆★★───────★★*:..。o○☆


☆「苦しいときほど、笑うんだよ」
「ルンルンななちゃんの宇宙」より引用。


*:..。o○☆★★───────★★*:..。o○☆


また、息子宗一郎のお話をしますね。
彼は平成十年3月31、光の世界に帰りました。
最後の3ヵ月は実は病院ではなく自宅で過ごしました。

そのときのわたしたちは必死でした。

なんとかして病気を治してもとの元気な宗一郎になってほしかったんです。
サイマテイックという音で病気を治す器械も購入して使いました。
その他多くのことをやりました。

でも、いまから思えば

もっともっと一緒に楽しんであげればよかったと思います。

日に日にやせ衰え、痛みに苦しむ息子を私たち夫婦は精一杯看病しました。
自分では歩くこともできない息子を背中におんぶして
お風呂にそのままの姿で入ったとき、痛みが少しやわらいだ息子の
顔はとても幸せそうでした。
支えているわたしも泣きながら、お風呂につかっていました。

いてくれるだけでうれしい!!!
 生きていてくれるだけでありがたい!!!

夜は私と妻の間になって寝るのですが、30分ごとに訪れる痛みをやわらげるために
私たちは宗一郎の体の位置を変えてさすってやりました。

正直いってとても辛かったです・・・

でも・・・でも・・・・

 いてくれるだけでいい・・・

彼がいなくなることがこわかったんでしょうね。

辛い痛みのなかでもできるだけ、私たちに笑顔をみせようと
 していた子でした。

「おかあさん、ごめんね」
「もっと元気だったらおかさん、おとうさんも疲れないのにね」
「おかあさん、ぼくもっと生きたいよ!!!」

痛みがでるとサイマテイックでその痛みをやわらげてあげました。

もう、これはいけないなと思い、病院へ連れていく車中で・・・
意識があまり定かではない宗一郎がこう言うんです。


「おとうさん、おかあさん」
「信じあって、助けあって、分かり合って生きてゆくんだよ」
「悲しいときや苦しいときほど、笑うんだよ」
「自分をせめることが一番いけないんだよ」


などと強い口調で私たちに言うのです。


病院での最後のとき・・・・
たんが気道を満たして声にならない声で・・・・
最後の一声が・・・



「ありがとう」なんです。



それまで全身の痛みで抱くことができなかったのですが、
最後は母親に抱かれながら静かに息をひきとりました。

.................................................


そこに、あなたがいてくれるだけでしあわせなんです 

 「ありがとうの森emoji」先頭ページへhttp://arigatounomori.iinaa.net/ 

拍手[12回]

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
5
12 17
18 21 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[10/23 美江]

最新トラックバック

(05/15)

プロフィール

HN:
misaka
性別:
男性
自己紹介:
ありがとうで幸せに
ありがとうで平和がくる
ありがとうで世界はひとつ

ありがとうの街になる
ありがとうの国になる
ありがとうの星になる

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ありがとうの森 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by  /